パナソニック オートモーティブは、日産自動車との共同開発により、大幅な画質の高精細化を実現し、夜間の視認性や後続車のLEDランプによるフリッカー現象を抑制するなど、ドライバーの安全運転に貢献する高性能な電子ミラーを開発した。

 インテリジェント ルームミラーとは、専用設計したカメラで車体後方を広く撮影し、その映像をルームミラーの位置に配置したディスプレイに表示するシステム。本開発品は、日産自動車の第4世代電子ミラーとして、新型コンパクトSUV『KICKS』(日本市場向け:2020年6月30日発売、タイ市場向け:2020年7月発売)に採用された。

 2メガピクセルカメラ、高解像度ディスプレイの採用と独自の映像処理技術により、高精細な映像と夜間視認性の向上を実現。さらにデザイン性に優れたフレームレスミラーを採用している。

日産KICKS(PHOTO:NISSAN)

1. ドライバーの負担を軽減する高精細な映像を実現

・2メガピクセルのカメラを採用(従来品:1.3メガピクセル)

・ディスプレイを高解像度化163ppi(従来品:100ppi)

(PHOTO:NISSAN)

2. 夜間視認性の向上と後続車のLEDフリッカーを抑制

・パナソニック独自の技術で、夜間視認性を向上する広いダイナミックレンジ120dB(従来品:100dB)とLEDランプによるフリッカー抑制を同時に実現

・F2.0レンズの採用でさらに夜間視認性を向上(従来品:F2.8)

3. デザイン性に優れたフレームレスミラーを採用

 ・ミラー外周リムを廃止し、ミラーの端部までガラスで造形

従来のインナーミラー。後部座席や車体が写り込む。(PHOTO:NISSAN)

インテリジェント ルームミラー。カメラがリヤウインドウに配置され、後方が見やすい。(PHOTO:NISSAN)

4. カメラをリヤウィンドウに配置。後席の同乗者等が映り込まず

死角を低減し、後方視認性が向上

 ・カメラをリヤウィンドウの内側に取り付けることで、後方の死角を低減。

 ・従来のインナーミラーのように、同乗者や車内の様子が映り込まないため、後方の視界を遮らない。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 日産KICKSのインテリジェントルームミラーはパナソニック製