8月25日、アウディジャパンはアウディの旗艦サルーンであるA8のハイパフォーマンモデル「S8」の新型の日本導入を発表し、同日より発売した。税込車両価格は2010万円だ。

路面の凹凸を先読みし、サスペンションをアクティブに制御する「プレディクティブアクティブサスペンション」を採用

「S」モデルは、圧倒的なパワーと環境性能を両立する先進のエンジンと、「クワトロ」フルタイム4WDシステムを搭載し、力強いパフォーマンス、優れたダイナミクス、そして高い実用性を兼ね備えたアウディのスポーツモデルに与えられた名称であり、各シリーズにおける上級グレードとして位置づけられている。S8はアウディのラインアップにおけるフラッグシップモデルとなる。

新型S8のボディ構造は、アウディのブランドスローガン 「Vorsprung durch Technik(技術による先進)」を体現し、初代A8に採用されて以来進化を続けるASF(アウディスペースフレーム)を採用。アルミニウムをはじめ、スチール、マグネシウム、そしてカーボンファイバー強化プラスチック(CFRP)を適材適所に組み合わせ、高強度・高剛性なボディにより、正確なハンドリングや高い静粛性を実現している。

パワートレーンは571ps/ 800Nmを発揮する4.0ℓV型8気筒ツインターボエンジンと8速AT(ティプトロニック)の組み合わせ。このエンジンの技術的ハイライトとして、マイルドハイブリッドドライブシステム(MHEV)が挙げられる。これは48Vリチウムイオンバッテリーと、クランク軸にベルトを介して連結されるBAS(ベルト オルタネーター スターター)を中核技術とするスタートストップシステムで、48Vという電圧を背景に、エナジーリカバリーシステムにより、高いエネルギー回収効率を実現。また、減速および惰性走行時には、シリンダーオンデマンド(COD)により、エンジンを停止して燃費を改善する。これにより、圧倒的な動力性能が与えらながら、7.8km/ℓのWLTCモード燃費を実現している。

シャシーはレーザースキャナーやカメラセンサーを用い、路面の凹凸を先読みして、サスペンションストロークをアクティブ制御するプレディクティブアクティブサスペンションを搭載。



また車速65km/h以下ではリヤタイヤがフロントと逆位相に最大5度まで電子制御により操舵し、都市部などで最小回転半径を小さくして取り回しの良さに貢献し、中高速ではリヤタイヤがフロントと同位相に操舵され、操縦安定性を向上させるダイナミックオールホイールステアリング(四輪操舵)を装備。さらに、リヤスポーツディファレンシャルを「クワトロ」に組み合わせ、快適かつダイナミックな走行性能を実現している。

エクステリアは、前後バンパーがS8専用のデザインとなり、4本出しの楕円エキゾーストフィニッシャー、5ダブルスポークデザインの21インチのアルミホイールが、そのハイパフォーマンスぶりを主張。

インテリアはカーボンのデコラティブパネルや、バルコナレザーを用いたスポーツシートを採用するなど、スポーティさと上質さを高い次元で両立させている。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 アウディA8のハイパフォーマンスモデル「S8」が発売! 4.0ℓV8ツインターボに48Vシステムを組み合わせるマイルドハイブリッド搭載