ボルボ・カー・ジャパンは国内販売モデルの全車を2020年内に電動化することを発表した。その一環として、コンパクトSUVのXC40にプラグインハイブリッドモデルを導入。また、XC40、XC60、XC90のプラグインハイブリッドモデル以外のすべての車両を48Vハイブリッドモデルとするなど、SUVのパワートレーンを一新している。

48Vマイルドハイブリッドモデルの採用拡大。純エンジンモデルは販売終了

今回、XC40に加わったのはプラグインハイブリッド「Recharge Plug-in Hybrid T5」だ。パワートレーンは直列3気筒1.5L直噴ガソリンターボ(180ps/265Nm)に電気モーター(160Nm)と7速DCTをドッキングしたもので、45.6kmのEV走行が可能となっている。駆動方式はFFだ。

ボルボの小型車向けプラットフォームCMAでは初となるプラグインハイブリッドモデルがXC40 Recharge Plug-in Hybrid T5だ。

ちなみにRecharge(リチャージ)は「外部充電可能」という意味で、今後、ボルボのEVとプラグインハイブリッド車の呼称として使用されるという。

また、XC40のガソリンエンジンモデル「T4」と「T5」は廃止され、48Vハイブリッドモデルへと置き換えられた。ボルボの48Vハイブリッドは、「B4」「B5」「B6」の3種類がラインアップしているが、XC40に設定されるのは「B4」と「B5」だ。



同様にXC60とXC90も内燃機関エンジンのみのモデルが廃止され、48Vハイブリッドモデルの「B5」と「B6」、さらに「Recharge Plug-in hybrid」のラインアップへと改められた。

B4

エンジン:直列4気筒2.0L直噴ガソリンターボ

最高出力:197ps(145kW)+10kW[モーター]

最大トルク:300Nm+40Nm[モーター]



B5

エンジン:直列4気筒2.0L直噴ガソリンターボ

最高出力:250ps(184kW)+10kW[モーター]

最大トルク:350Nm+40Nm[モーター]



B6

エンジン:直列4気筒2.0L直噴ガソリンターボ+電動スーパーチャージャー

最高出力:300ps(220kW)+10kW[モーター]

最大トルク:420Nm+40Nm[モーター]
ボルボのSUVはすべて電動化が完了。EV、プラグインハイブリッドモデル、48Vマイルドハイブリッドモデルでラインアップが構築される。

2020年内にはV60/S60やV90も、プラグインハイブリッドモデル以外はすべて48Vハイブリッドモデルへと移行する予定だ。これにより、国内で販売されるボルボ車の電動化が完了することとなる。



ただし、これは電動化の「第一段階」とのこと。2021年内にはボルボブランドして初のEV「XC40 Recharge Pure Electric」を国内導入するなど、電動化の流れはますます加速しそうだ。

XC40 Recharge Pure Electricは1回の充電で400km(WLTPモード)の走行が可能。最高出力408hpのAWDモデルだ。

フロア下に搭載されるバッテリーは、急速充電により40分以内で80%まで充電することができる。

なお、XC40、XC60、XC90では最高速度が180km/hに制限されると同時に、ケア・キーが新たに導入された。ケア・キーは特に運転の不慣れなドライバーに有用で、ケア・キーでクルマを始動するとあらかじめ低く設定しておいた最高速度が適用されるようになる。



自動車の死亡事故の大きな原因のひとつは速度超過だ。ボルボは技術面からクルマの安全性向上を図るとともに、こうした速度制限の面からも交通事故死傷者ゼロを実現しようとしているのである。

車両にはキーが2本付属するが、そのうち1本がケア・キーとなる。

なお、価格はXC40が409万円〜649万円、XC60は639万円〜949万円、XC90は834万円〜1139万円となる。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 ボルボのすべてのSUVが電動化へ。XC40にはプラグインハイブリッドモデルが登場