8月24日、日産自動車および、日産の販売会社である日産大阪販売、日産のグループ会社である日産車体とオートワークス京都は、「NV350キャラバン」に特別な架装を施した「新型コロナウイルス感染症、軽症患者搬送車」を、日産グループから大阪府へ無償で貸与すると発表した。

大阪を拠点とする日産大阪販売と大阪府が締結した包括連携協定の一環。NV350キャラバンに飛沫感染を抑制する特別な架装を施す

 今回の取り組みは、今年6月に大阪を拠点とする日産の販売会社である日産大阪販売が、大阪府と「安全・安心」「健康・働き方改革」、「環境」、「子ども・福祉」、「地域活性化」、「府政のPR」の6分野にわたる連携と協働を促進する包括連携協定を締結したことに基づくもので、日産グループが新型コロナウイルス対策の一環として「新型コロナウイルス感染症、軽症患者搬送車」1台を貸与する。車両の作製は、日産のグループ会社である日産車体とオートワークス京都が担当した。

 この「新型コロナウイルス感染症、軽症患者搬送車」は、日産車体生産の「NV350キャラバン」に、飛沫感染を抑制する特別な架装を施している。具体的には、①患者の乗る後部座席とドライバー席のある前列を隔てるパーテーションパネルを設置、②後部座席側には換気扇を設置することで、運転席側への空気の流入を防止、③後席と運転席をつなぐインターホンを設置し、安全な患者と搬送スタッフのコミュニケーションを実現。

 なお、日産グループは引き続き、政府や自治体の要請に基づき、関係者と連携して、新型コロナウイルス感染拡大の防止に努めていくとしている。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 日産グループがNV350キャラバン架装車「新型コロナウイルス感染症、軽症患者搬送車」を大阪府に無償貸与