今や人気カテゴリーとなったコンパクトSUV。そこに日産は満を持して新型キックスを投入してきた。ホンダ・ヴェゼルをはじめとして、有力なライバルも多く、実力派が揃っている。ここではそんなライバルたちとともに、ユーティリティやスペックを写真と数字で横比較してみたい。



REPORT●小林 秀雄(KOBAYASHI Hideo)身長=173㎝

※ミラー to ミラー、シート高、ラゲッジ内寸法の数値は編集部調べのもの

※本稿は2020年7月発売の「日産キックスのすべて」に掲載されたものを転載したものです。

KICKS X ツートーンインテリアエディション

Cピラーをブラックアウトさせたフローティングルーフがデザインの特徴。他の三車と比べると全長と全幅は最も短いが、ホイールベースにゆとりがあるので、伸びやかさも感じられる。

全長:4290mm

全幅:1760mm

全高:1610mm

ホイールベース:2620mm

ミラー to ミラー:1960mm

開口高:680mm

SUVらしい軽快な室内に、e-POWERならではのメーターやシフトセレクターが加わり先進感もプラス。「X ツートーンインテリアエディション」は、インパネカラーがオレンジタンとなる。写真のナビゲーションは販売店オプション。

最高出力95kWのモーターで駆動力を発生させるe-POWERを採用。発電機の役割を果たす1.2ℓ直3エンジンの制御もキックス用に最適化が図られた。
5スポークの17インチアルミホイールを標準装備。転がり抵抗を抑えたエコタイヤが装着されている。
リヤシート高:650mm
フロントシート高:620~670mm

ツートーンインテリアはシート生地もオレンジタンの合皮となるほか、前席シートヒーターを標準装備する。腰部の支えがしっかりしていて、座り心地も良好だ。後席は膝前のクリアランスが約210㎜、頭上が約80㎜と開放的。

【通常時】高さ:855mm 奥行き:900mm

【後席格納時】最小幅:970mm 奥行き:1720mm

かなり広くて実用的な荷室を用意。フロア手前側の最大幅は約1270㎜に達する。後席シートは6対4分割可倒式で、背もたれのレバーでロックを解除すると簡単に奥行きを拡大できる。

全長×全幅×全高(㎜):4290×1760×1610

室内長×室内幅×室内高(㎜):1920×1420×1250

ホイールベース(㎜):2620

トレッド(㎜):(前・1520)(後・1535)

車両重量(㎏):1350

エンジン型式:HR12DE

エンジン種類:直列3気筒DOHC

ボア×ストローク(㎜):78.0×83.6

総排気量(㏄):1198

エンジン最高出力(kW[㎰]/rpm) :60[82]/6000

エンジン最大トルク(Nm[㎏m]/rpm):103[10.5]/3600-5200

燃料供給装置:ニッサンEGI(ECCS)

燃料タンク容量(ℓ):41(レギュラー)

モーター型式:EM57

モーター最高出力(kW[㎰]):95[129]/4000-8992

モーター最大トルク(Nm[㎏m]):260[26.5]/500-3008

トランスミッション形式:ー

変速比:ー

最終減速比:7.388

駆動方式:FF

サスペンション:(前・ストラット)(後・トーションビーム)

ブレーキ:(前・ベンチレーテッドディスク)(後・ディスク)

タイヤ・サイズ:205/55R17

最小回転半径(m):5.1

WLTCモード燃費(㎞/ℓ) :21.6

車両本体価格:286万9900円

VEZEL HYBRID RS・Honda SENSING

サイズ感がキックスと一番近いのがヴェゼルだ。センタータンクレイアウトを活かし、室内高は1265㎜のゆとりを誇る。とはいえ、荷室高はキックスも負けず劣らずの広さを備えている。

全長:4340mm

全幅:1790mm

全高:1605mm

ホイールベース:2610mm

ミラー to ミラー:2030mm

開口高:650mm

未来を先取りしたような演出にはヴェゼルにも一日の長があり、照明色が変わるメーターや空調のタッチパネルなど、先進的な視認・操作アイテムが備わる。「RS」グレードの場合は内装にウルトラスエードが使用され、上質感も高い。

ハイブリッド車、ガソリン車ともに1.5ℓの直4エンジンを搭載。前者は7速DCTにモーターを内蔵した独自のハイブリッドシステムを備える。
「RS」グレードはブラック塗装を施した18インチアルミホイールを装備。タイヤはエナセーブEC503。
リヤシート高:660mm
フロントシート高:640~700mm

一部グレードに前席パワーシートがオプション設定されたり、後席シートにリクライニングが備わるなど、ハイレベルなユ ーティリティを実現。後席スペースは膝前クリアランスが約260㎜、頭上が約40㎜で、足元のゆとりが際立つ。

【通常時】高さ:835mm 奥行き:800mm

【後席格納時】最小幅:1050mm 奥行き:1760mm

開口部とフロアの位置が低く、重たくて嵩張る荷物も楽に載せ降ろしができる。6対4分割可倒式の後席シートはダイブダウン機構を備え、背もたれを倒した後にフラットなフロアを実現。

全長×全幅×全高(㎜):4340×1790×1605

室内長×室内幅×室内高(㎜):1930×1485×1265

ホイールベース(㎜):2610

トレッド(㎜):(前・1535)(後・1540)

車両重量(㎏):1310

エンジン型式:LEB

エンジン種類:直列4気筒DOHC

ボア×ストローク(㎜):73.0×89.4

総排気量(㏄):1496

エンジン最高出力(kW[㎰]/rpm) :97[132]/6600

エンジン最大トルク(Nm[㎏m]/rpm):) 156[15.9]/4600

燃料供給装置:電子制御燃料噴射式(ホンダPGM-FI)

燃料タンク容量(ℓ):40(レギュラー)

モーター型式:H1

モーター最高出力(kW[㎰]/rpm):22[29.5]/1313-2000

モーター最大トルク(Nm[㎏m]/rpm):160[16.3]/0-1313

トランスミッション形式:7速DCT

変速比:(前進・①4.192 ②2.266 ③1.642 ④1.118 ⑤0.810 ⑥0.616 ⑦0.446)(後・3.335)

最終減速比:5.588

駆動方式:FF

サスペンション:(前・ストラット)(後・車軸式)

ブレーキ:(前・ベンチレーテッドディスク)(後・ディスク)

タイヤ・サイズ:225/50R18

最小回転半径(m):5.5

JC08モード燃費(㎞/ℓ) :25.6

車両本体価格:286万2037円

C-HR HYBRID G

キックスより全長は長く、全高は低いため、偏平なフォルムとなるのが外観の特徴。全高が1550㎜に収まるのは、マンションなどに多い機械式立体駐車場のユーザーにとってはありがたい。

全長:4385mm

全幅:1795mm

全高:1550mm

ホイールベース:2640mm

ミラー to ミラー:2040mm

開口高:800mm

低重心を特徴とするTNGAプラットフォ ームの採用により、ダッシュボードも低くて薄い造形に。撮影車はマイナーチェンジ前のモデルだが、現行車は8インチのディスプレイオーディオを標準装備。スマホとの連携機能を高めている。

ハイブリッド車は1.8ℓエンジンと53kWのモーターを組み合わせたハイブリッドシステムを搭載。ごく短い距離をモーターのみで走行するEVモードも備わる。
「G」と「G-T」は18インチアルミホイールを装備。タイヤはミシュランのプライマシー3を組み合わせる。
リヤシート高:630mm
フロントシート高600 ~640mm

「G」と「G-T」はブラックの上級ファブリックとブラウンの本革を組み合わせたシートを装備。前席はスポーティな形状で、座り心地も良好だ。後席スペースは膝前が約180㎜、頭上が約40㎜。視界が狭く、やや窮屈さを感じる。

【通常時】高さ:680mm 奥行き:770mm

【後席格納時】最小幅:950mm 奥行き:1720mm

荷室の開口部も偏平な形をしており、幅は十分に広い一方、高さはあまり望めないのが一目瞭然。後席シートは6対4分割可倒式で、後席格納時のフロアがフラットになるところは実用的だ。

全長×全幅×全高(㎜):4385×1795×1550

室内長×室内幅×室内高(㎜):1800×1455×1210

ホイールベース(㎜):2640

トレッド(㎜):(前・1540)(後・1540)

車両重量(㎏):1440

エンジン型式:2ZR-FXE

エンジン種類:直列4気筒DOHC

ボア×ストローク(㎜):80.5×88.3

総排気量(㏄):1797

エンジン最高出力(kW[㎰]/rpm) :72[98]/5200

エンジン最大トルク(Nm[㎏m]/rpm):142[14.5]/3600

燃料供給装置:電子制御式燃料噴射装置(EFI)

燃料タンク容量(ℓ):43(レギュラー)

モーター型式:1NM

モーター最高出力(kW[㎰]):53[72]

モーター最大トルク(Nm[㎏m]):163[16.6]

トランスミッション形式:電気式無段変速機

変速比:―

最終減速比:3.218

駆動方式:FF

サスペンション:(前・ストラット)(後・ダブルウイッシュボーン)

ブレーキ:(前・ベンチレーテッドディスク)(後・ディスク)

タイヤ・サイズ:225/50R18

最小回転半径(m):5.2

WLTCモード燃費(㎞/ℓ) :25.8

車両本体価格:299万5000円

※撮影車両は19年10月の改良前のモデルです。諸元表は改良後のモデルのものです。

CX-30 XD PROACTIVE Touring Selection

プレスラインに頼らず、ドアパネルの流れで躍動感を表現。ロングノーズ・ファストバックのフ ォルムもスポーティさを感じさせる。全高は1540㎜で、C-HRと同様、機械式駐車場にも対応。

全長:4395mm

全幅:1795mm

全高:1540mm

ホイールベース:2655mm

ミラー to ミラー:2035mm

開口高:650mm

レザートリムと金属調の加飾を採用した上質な室内空間。内装色はグレード別の設定で、写真はネイビーブルーの例だ。 8.8インチのセンターディスプレイとコマンダーコントロール、左右独立フルオートエアコンなどを標準装備する。

「XD」系は1.8ℓのディーゼルターボエンジンを搭載。1600~2600rpmという広い回転域で27.5㎏mの最大トルクを発揮し、発進や追い越し加速もスムーズ。
全車18インチアルミホイールを標準装備。撮影車はトーヨータイヤのプロクセスR56を装着している。
リヤシート高:640mm
ロントシート高:590 ~640mm

シートのトリムとカラーもグレード別の設定で、写真はグレ ージュのクロスシート。肉厚でフカフカとした座り心地が印象的だ。後席スペースは膝前が約180㎜、頭上が約75㎜のクリアランスを確保。見た目ほどには狭さを感じさせない。

【通常時】高さ:740mm 奥行き:800mm

【後席格納時】最小幅:1000mm 奥行き:1640mm

車体はキックスより大きいが、荷室の奥行きや高さはCX-30の方が狭い。容積よりも質感を重視した結果と言えそうだ。後席シートは6対4分割可倒式で、格納時に若干の傾斜が生じる。

全長×全幅×全高(㎜):4395×1795×1540

室内長×室内幅×室内高(㎜):1830×1490×1210

ホイールベース(㎜):2655

トレッド(㎜):(前・1565)(後・1565)

車両重量(㎏):1530

エンジン型式:S8-DPTS型

エンジン種類:直列4気筒DOHCディーゼルターボ

ボア×ストローク(㎜):79.0×89.6

総排気量(㏄):1756

エンジン最高出力(kW[㎰]/rpm) :85[116]/4000

エンジン最大トルク(Nm[㎏m]/rpm):270[27.5]/1600-2600

燃料供給装置:電子式(コモンレール)

燃料タンク容量(ℓ):48(軽油)

トランスミッション形式:6速AT

変速比:前進 ①3.552 ②2.022 ③1.347 ④1.000 ⑤0.745 ⑥0.599 後退 3.052

最終減速比:4.367

駆動方式:4WD

サスペンション:(前・ストラット)(後・トーションビーム)

ブレーキ:(前・ベンチレーテッドディスク)(後・ディスク)

タイヤ・サイズ:225/55R18

最小回転半径(m):5.3

WLTCモード燃費(㎞/ℓ) :18.4

車両本体価格:324万5000円

情報提供元:MotorFan
記事名:「 日産 新型キックスとホンダ・ヴェゼル、トヨタ・C-HR、マツダ・CX-30と徹底比較!〈インパネ/シート/ラゲッジスペース/スペックetc……〉