もうご存知の方も多いかとは思うのだが、この動画を見たときは一瞬「こんなのアリなの!?」と思うくらいのある意味”衝撃”のドラマ。それがカーメンテナンス店の”ジェームス” (JMS) がウエブサイト上で展開している「連続10秒ドラマ 愛の停止線」。2018年に第1話がスタートし、現在では最新話、第28話までが公開されているのだ。

岡部たかし演じる恋多き主人公「部長」を中心に、6人の織りなす恋模様が10秒のドラマに。しかしクスッと笑えるその展開が絶妙。

 登場人物は主役の「部長」(岡部たかし)、前妻の「道子」(しのへけいこ)、部長の恋人から同僚の若者イケメンへと気持ちが揺らぐ、「沙世」(浅野千鶴)、部長がスケートリンクで出会ったいやーウォーマーをした美女「耳あて」(藤田可菜)、部長の会社で働く若者「イケメン」(川籠石駿平)、そして会社の部下として突然登場した謎の美女「山根」(村上穂乃佳)の6人が織りなす昼メロ仕立てのドロドロ恋愛ストーリー。

……なのだが、クスッと笑える仕立てと、締めではジェームスで取り扱う商品やサービスへ落とし込ませる手法は見事。

左から「部長」を演じる岡部たかしさん、前妻の「道子」役のしのへけいこさん、そして部長の恋人から同僚の若者へと気持ちが揺らぐ「沙世」役は浅野千鶴さん。

 途中のストーリーから見てしまうと、今時微妙な不倫モノ? と思ってしまうのだが、第2話で語られるには、道子は部長の別れた前妻という設定なのでちょっとホッとする。それなのに、なぜか色々なシーンで現れる道子の恐ろしさや面白さにハマってしまう。

 多くのストーリーが部長とその愛車(6代目トヨタ・マークII4ドアハードトップ)の中で展開し、商品やサービスがうまくストーリーの中に絡んで行く。これまで紹介されたアイテムは、第1話「止まらぬ愛」では除菌・消臭、第2話「加速する想い」ではヘッドライトポリッシュコート、第3話「雨のち涙」ではスーパーガラスコーティング、第4話「氷上の出会い」ではスタッドレスタイヤ、第5話「暗闇の誘惑」ではバッテリー点検・交換、第6話「別れの記録」ではドライブレコーダー……といった具合。これらの製品がうまく話のオチを導いている。

 その上、全編わずか10秒という展開も、つい次をクリックしたい気持ちにさせる中毒性を生んでいるようだ。

左から部長がスケートリンクで出会った美女「耳あて」役の藤田可菜さん、部長の会社で働く若者「イケメン」役の川籠石駿平さん、そして会社の部下として突然登場した謎の美女「山根」役の村上穂乃佳さん。

 このドラマはすでに1000万回再生突破を記録。また、SPIKERS ASIA 2019【フィルム部門】および【フィルムクラフト部門】グランプリ、第22回アジア太平洋広告際(ADFEST 2019)【フィルムクラフト部門】Script(脚本賞)、2019 59th ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS【オンラインフィルム部門】総務大臣賞/ACCグランプリなど、 2019年度の3つの国内外広告賞を受賞しているという広告業界のプロも認める作品となっている。

 話が徐々に進んで行く面白さもあるので、初めての方はぜひとも第1話から順番にご覧いただきたい!

ジェームス 動画「連続10秒ドラマ 愛の停止線」

 またこの10秒ドラマ制作の裏話はこちらから。

博報堂ウエブサイトより 「連続10秒ドラマ 愛の停止線」制作者インタビュー The Central Dot Magazine “Creator’s Interview”

情報提供元:MotorFan
記事名:「 カーメンテナンス店“ジェームス”の10秒メロドラマ!! 見だすとなんか見てしまう、この中毒性!