「あおり運転」対策にも効果を発揮する前後2カメラタイプのドライブレコーダー。昼夜を問わず鮮明な映像を記録できる高性能モデルながら手が届きやすい価格も実現。



REPORT●浜先秀彰(HAMASAKI Hideaki)



問い合わせ:サンワサプライ

電話:086-223-5680

■サンワダイレクト公式サイト

サンワサプライ 200-CARDR001……オープン価格(実勢価格:1万9800円/税込)

●本体

●リヤカメラ

 サンワサプライが運営している直販サイト「サンワダイレクト」より発売。



 GPSやGセンサー、2.7インチディスプレイ、フロントカメラを搭載した本体にブラケット一体型リヤカメラを組み合わせた2ピース構成。本体はフロントガラスのルームミラー裏スペースに、リヤカメラはリヤガラス内側上部に装着ができる。電源はシガーライターソケットから取得。



 2台のカメラはともに200万画素CMOSセンサーを搭載し、フルHD画質(解像度1920×1080)による録画が行える。しかも本体カメラは「STARVIS」技術が投入され、夜間も明るく鮮明な映像を捉えられる。実力の高さは下の写真の通りだ。

 通常はエンジン始動と同時に稼働する「常時録画モード」だが、Gセンサーが設定値以上の衝撃を検出したり、手動録画ボタンを任意に押すとファイルを保護する「イベント録画モード」に切り替わる。オプションの駐車監視録画ケーブル(200-CARDROP001・4980円/税込)を利用すれば駐車中に衝撃や動体を検知して自動録画を開始する「駐車録画モード」も利用可能だ。



 記録映像の再生は本体背面ディスプレイのほかパソコンでも行える。専用ビュワーソフト(無料)を利用すれば、映像とともに記録された場所の地図や速度、Gセンサー情報などを確認できる。

 なお、ラインアップには駐車監視録画ケーブルをパッケージした「202-CARDR001SET(実勢価格:2万2800円/税込)」も用意。

■GPS:搭載

■Gセンサー:搭載

■最大記録解像度:フロントカメラ、リヤカメラとも1920×1080(フルHD)

■最大記録画角:フロントカメラ水平119°/垂直62°/対角146°・リヤカメラ水平145°/垂直90°/対角170°

■最大フレームレート:フロントカメラ27.5fps・リヤカメラ30fps

■記録メディア:マイクロSDHCカード8GB~32GB(16GB付属)

情報提供元:MotorFan
記事名:「 アンダー2万円! コスパ系2カメラドラレコ サンワサプライ 200-CARDR001 【CAR MONO図鑑】