3月16日、三菱自動車はMPV「エクスパンダー」シリーズの追加モデルとなる新型クロスオーバーMPV「エクスパンダー クロス」を、13日のフィリピンに続いてタイで発売した。今後もアセアンを中心とする各国で順次販売地域が広がる予定だ。

アセアンを中心とした地域の多様なユーザーニーズに応え、新たな価値を提案

 シリーズの最上位モデルとなる『エクスパンダー クロス』は、SUVならではの力強さ、高い走行性能と快適な乗り心地を実現。2018年3月にインドネシアでカー・オブ・ザ・イヤー、ベスト・オブ・ザ・ベストMPV、ベスト・オブ・スモールMPVなど、数々の賞を受賞した「エクスパンダー」をベースにしており、MPVならではの使い勝手が良く広い室内空間を兼ね備え、SUVが強みの三菱自動車らしさを際立たせた新型クロスオーバーMPVだ。



 「エクスパンダー」および「エクスパンダー クロス」は、2020年2月までにシリーズで約25万台を販売。SUVらしさを高め、さらにスタイリッシュで機能的なモデルになった「エクスパンダー クロス」は、アセアンを中心とする各国の幅広いユーザーニーズに応え、新たなる価値を提案している。



 なお、「エクスパンダー クロス」はミツビシ・モータース・クラマ・ユダ・インドネシア(西ジャワ州ブカシ県)で生産しており、2019年中に設備拡張を完了して工場の年間生産能力を22万台に増強している。また、「エクスパンダー」の輸出は2020年2月末時点で10万台に達しており、新型を含めアセアンをはじめとする各国への輸出を増やしていく予定とのこと。これによって、インドネシアの経済、雇用、さらに輸出入バランスの改善にも貢献していく。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 三菱の新世代クロスオーバーMPV「エクスパンダー クロス」がアセアン地域で販売拡大!