元は基本設計を同じくする姉妹車である日産ルークスと三菱eKクロススペース/eKスペース(以下クロス/スペース)。ではそれぞれの違いはどこにある? 外観から装備までそれぞれの違いを見ていこう。

■標準装備かオプションかで違いが現れるルークスハイウェイスター/eKクロススペース

日産Vモーショングリルが目立つルークスハイウェイスター。
デリカ顔がインパクト十分のeKクロススペース。


ルーフレールはeKクロススペースだけに設定される。

 いわゆる「カスタム」モデルに相当するこの2台。外観は日産Vモーショングリルをあしらったルークスハイウェイスター(以下HWS)と、「デリカ顔」を大胆に押し出すクロス。それぞれとても個性的だ。ただ、クロスには、ルーフレールの設定があるのが異なる。HWSにはないクロスオーバーテイストがクロスの魅力なのだ。



 また、クロスのシートは撥水シート生地が全車標準装備。それに対しHWSはトリコット生地が標準で、撥水生地はオプション扱い。より上質なブラウン内装のプレミアムグラデーションインテリア/プレミアムインテリアパッケージのオプションが用意されているのは両車共通だ。。

eKクロススペースは撥水シートが標準装備。
こちらはHWSにオプションのブラウンインテリア。


車両価格はハイウェイスターの方が高いが良く見ると……

車両価格は以下の通り

(価格はいずれもFF車。以下同)



■ルークス

ハイウェイスターGターボプロパイロットエディション:193万2700円

ハイウェイスターXプロパイロットエディション:184万3600円

ハイウェイスターX:173万4700円



■eKクロス

T:185万9000円

G:177万1000円

M:165万5500円



ターボ、NAともHWSの方が7万円以上高い。しかし、装備を見てみると、HWSには標準装備でもクロスにはオプション、というものは意外と多いのだ。



■HWSに標準装備されてクロスではオプションの主な装備



・アダプティブLEDヘッドライト(7万7000円)

・運転席側ハンズフリーオートスライドドア(5万5000円)

・助手席前倒れレバー※1

・マルチアラウンドモニター※2

・MI-PILOT(ルークスではPROPILOT)&電動パーキングブレーキ(7万1500円)



 この内、※1の助手席前倒れレバーはフロントセパレートシート、前席シートバックテーブル、リヤサーキュレーター、リヤロールサンシェード、樹脂ラゲッジボード&PVC後席シートバックとのセットオプションで6万500円。HWSでは助手席前倒れレバーは標準だが、それ以外はパッケージオプション。ただし樹脂ラゲッジボード&PVC後席シートバックはクロスのみに設定されてHWSには用意されない。



 そして※2のマルチアラウンドモニターはクロスの場合デジタルルームミラーとのパッケージオプションで9万3500円。HWSの場合マルチアラウンドモニターは標準だが、デジタルルームミラーはオプションでも設定が無いのだ。逆に、SOSコールはHWSに標準装備されるが、クロスにはオプションでも設定がない。

アダプティブLEDヘッドライト。
運転席側ハンズフリーオートスライドドア(助手席側は標準)。


マルチアラウンドモニター。
MI-PILOT。


助手席側前倒れレバー。
逆にデジタルルームミラーはクロスにオプションで装着できるが、HWSには設定がない。


 そこで、完全には一致しないが可能な限り装備を揃えて、クロスにアダプティブLEDヘッドライト、運転席側ハンズフリーオートスライドドア、マルチアラウンドモニター含むパッケージ、MIPILOTを装備した場合……



ルークス ハイウェイスターGターボプロパイロットエディション:193万2700円

eKクロス T:215万6000円



ルークス ハイウェイスターXプロパイロットエディション:184万3600円

eKクロス G:206万8000円



と、このように同等の装備にするとクロスの方が高くなるのである。もちろん、この装備はいらないや、というように自分に不要な装備を省けば価格は抑えられる。なんでも最初からテンコ盛りのHWSに対して、自分で選ぶ余地のあるクロス、という言い方もできるだろう。

標準車でもターボエンジン、MIPILOTが選べるeKスペース!

HWSを思わせるシャープな顔つきのルークス。
クロスとはハッキリとした違いのスペース。


 さて標準車同士の違いは何か。ハイウェイスターとイメージを近づけたルークスに対し、親しみやすい顔つきでスペースとはハッキリと差別化を図っているのがスペースだ。大人しめの顔つきの方が好み……という人はスペースは魅力的に映るかも。

同じスペースでも、ターボエンジン搭載の「T」はグリルがブラックアウトされて印象が異なる。

 ちなみに、スペースはターボエンジン搭載車が選べるのがルークスとの大きな違い。さらにスペースのターボエンジン搭載車である「T」グレードはフロントグリルがブラックアウトされ、他グレードよりもシャープな顔つきになっている。 言うなればスペースにはふたつの顔があるとも。

 ちなみにグレードの違いは、厳選装備の価格抑えめグレードがルークス「S」、スペース「M」。装備を充実させたオススメ的存在がルークス「X」、スペース「G」。ターボエンジンを搭載したスペース「T」。「G」と「T」の装備はほぼ同等で、「T」にパドルシフトやアルミホイールの設定があるのが違いだ。



HWSとクロス同様、標準車同士でもスペースの方が安め。



■ルークス

S:141万5700円

X:154万6600円



■eKスペース

M:139万9200円

G:154万2200円



 ルークス「X」にはアラウンドビューモニターが標準装備なのに対し、スペースには「G」「T」にオプション扱い。反面、スペース「G」「T」にはリヤサーキュレーターとリヤロールサンシェードが標準装備されるのに対し、ルークスでは「X」にオプション装備となる。

アラウンドビューモニターはルークスに標準。スペースはオプション。
リヤサーキュレーターはスペースに標準、ルークスではオプション。


 シートに目を移すと、ルークスはすべてトリコット生地だが、スペースは「M」がファブリック、「G」「T」が撥水ファブリック生地となる。また、ルークスはベンチシートのみの設定だが、スペースは「G」「T」でセパレートシートがオプションで選べるようになる。



 安全装備では、スペースに運転席SRSニーエアバッグのオプション設定があるが、ルークスには設定が無い。反面、ルークス「X」にはSOSコールがオプション設定されるがスペースには設定がない。

ニーエアバッグはスペースにはOP設定されるが、ルークスには未設定(HWS/クロスには標準)。
SOSコールはルークスにOP設定(HWSは標準)だがスペース/クロスには設定なし。


標準車でもPROPILOT/MIPILOTが選べるのはスペースだけ!

 そしていちばんの違いは、ルークスではプロパイロットが装着出来ないのに対し、スペースでは「G」「T」にオプション設定されていることだ(三菱の呼称はマイパイロット)。



 このように、ターボエンジンやマイパイロットが選べるなど、選択肢の幅が広いのがeKスペースとルークスの大きな違いとなっているのである。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 外観の他、意外と違うのが装備類!