JC08モード燃費:13.2km/ℓ ※2.0GT EyeSight

月間販売台数:254台(7月〜12月平均値)



REPORT●工藤 貴宏(KUDO Takahiro)

PHOTO●平野 陽(HIRANO Akio)

MODEL●菅原 樹里亜( SUGAWARA Juria)



※本稿は2020年1月発売の「2020年 国産新型車のすべて」に掲載されたものを転載したものです。

ソリッドな雰囲気を持つ正統派セダンスタイル。最新仕様では、フロントグリルにメッキモールを追加してウイングモチーフ(飛行機の翼)を強調している。

■STI Sport EyeSight

全長×全幅×全高(㎜):4595×1795×1475

室内長×室内幅×室内高(㎜):2005×1490×1205

ホイールベース(㎜):2650

トレッド 前/後(㎜):1530/1540

車両重量(㎏):1550

エンジン形式:水平対向4気筒DOHCターボ

総排気量(㏄):1998

最高出力(kW[㎰]/rpm):221[300]/5600

最大トルク(Nm[㎏m]/rpm):400[40.8]/2000-4800

燃料タンク容量(ℓ):60(プレミアム)

トランスミッション形式:CVT

駆動方式:4WD

サスペンション 前:ストラット 後:ダブルウイッシュボーン

ブレーキ 前:ベンチレーテッドディスク 後:ベンチレーテッドディスク

最小回転半径(m):5.6

JC08モード燃費(㎞/ℓ):12.4

タイヤ・サイズ:245/45R18

車両本体価格:416万9000円

先進安全装備(EyeSight)

ステレオカメラを軸にした運転支援システムは、ハンドル操作をアシストする機能や渋滞時の停止保持まで行なう全車速対応クルーズコントロールまで組み合わせるなど先進的。最新仕様はハイビームアシストが進化。

ボディカラー

※は3万3000円高。

WRX S4の3つのポイント

1.快適性とスポーツ性能の絶妙なバランス

2.世界でも稀な水平対向エンジン搭載

3.ハイレベルな走行性能かつ高い実用性

エンジン

FA型と呼ばれる2.0ℓターボエンジンを搭載。「水平対向」という、向かい合った左右のピストンを横方向(水平方向)に動かす独自の構造が個性的だ。

インパネ

〈後席〉
〈前席〉


スポーツセダンと言えども、運転ポジションは極端に低くなく視界は良好。フロントシートはサイドサポートが大きく身体の保持性が高い形状だ。後席は足元、頭上ともにしっかりとスペースが確保されて居住性が高く、快適である。

うれしい装備

「STI Sport」のフロントシートはドイツの名門メーカーであるレカロ製。ただしピュアなスポーツタイプではなく、適度に開放感もあるコンフォートタイプだ。電動調整式でシートヒーターも内蔵。表皮はウルトラスエードと本革を組み合わせる。

最新仕様では、ドアロックされた状態でなければキーを持っていなくても車外からトランクリッドを開放可能。

ステアリングのスイッチを押してエンジンの特性を切り替えることができる「SI-DRIVE」を搭載。

高速走行で車線をトレースするようステアリングをサポートする「アイサイトツーリングアシスト」を採用。

ラゲッジルーム

〈通常時〉奥行き:980mm 最小幅:1070mm
〈後席格納時〉高さ:500mm 最大奥行き:1880mm


VDA測定容量で460ℓと車体サイズからは想像できないくらい広いトランクスペースを用意。飛行機内持ち込みサイズのキャリーバッグなら5個積載できる。それでも足りない時には、後席を前に倒してトランクスルーが可能だ。

使い勝手撮影車両データ

インテリアカラー:ボルドー/ブラック+レッドステッチ 

オプション装備:サンルーフ(電動チルト&スライド式)

バイヤーズガイド

コスパの高さを最重視してベーシックな「2.0GT EyeSight」を選ぶか、それとも走りのアイテムが充実した「STISport EyeSight」を選ぶかの二択だ。後者に盛り込まれるSTIチューンのハンドリングは確かに魅力だが、筆者が自分で買うのなら、この価格でこの性能は破格ともいえる「2.0GT EyeSight」を選んで気軽に走りを楽しみたい。

エンジンや4WDシステムは全車共通。「GT-S」はビルシュタインダンパーを装着し、「STI Sport」ではさらにスペシャルな同ダンパーを採用し、外観もエアロパーツを追加だ。

2.0GT-S EyeSight
2.0GT EyeSight


情報提供元:MotorFan
記事名:「 〈スバル WRX S4〉ボクサーエンジンの独特な味わいを楽しむ【ひと目でわかる国産新型車の魅力】スポーツカー レビュー