WLTCモード燃費:13.1km/ℓ ※SZ

月間販売台数:144台(7月〜12月平均値)



REPORT●工藤 貴宏(KUDO Takahiro)

PHOTO●中野 幸次(NAKANO Koji)

MODEL●大須賀 あみ(OSUGA Ami)[身長163㎝]



※本稿は2020年1月発売の「2020年 国産新型車のすべて」に掲載されたものを転載したものです。

筋肉質なサイドビューは個性が際立つ。開発上、最も重視した要素のひとつであるホイールベースは2470㎜。偶然にも718ケイマンとほぼ同じで、全長、全高もほぼ同じだ。100万円刻みで3つのグレードが設定されている。

■RZ

全長×全幅×全高(㎜):4380×1865×1290

室内長×室内幅×室内高(㎜):970×1460×1060

ホイールベース(㎜):2470

トレッド 前/後(㎜):1595/1590

車両重量(㎏):1520

エンジン形式:直列6気筒DOHCツインターボ

総排気量(㏄):2997

最高出力(kW[㎰]/rpm):250[340]/5000

最大トルク(Nm[㎏m]/rpm):500[51.0]/1600-4500

燃料タンク容量(ℓ):52(プレミアム)

トランスミッション形式:8速AT

駆動方式:FR

サスペンション 前:ストラット 後:マルチリンク

ブレーキ 前:ベンチレーテッドディスク 後:ベンチレーテッドディスク

最小回転半径(m):5.2

WLTCモード燃費(㎞/ℓ):12.2

タイヤ・サイズ前:255/35ZR19 後:275/35ZR19

車両本体価格:702万7778円

先進安全装備(Toyota Supra Safety)

ACC使用時に停止状態となった場合、短時間のうちに先行車が発進した 場合には自車も自動的に再発進。長時間停止後はステアリングホイール のスイッチ操作またはアクセル操作で再開。

ボディカラー

★は「RZ」専用色。 ☆は「SZ」への設定なし。 ※1は3万3000円高。 ※2は35万2000円高。

スープラの3つのポイント

1.17年ぶりの「スープラ」復活

2.スープラらしさを受け継ぐ直径6気筒エンジン

3.BMWとの共同開発の実現
全高:1290mm 全幅:1865mm
開口高840mm ミラー・トゥ・ミラー2020mm


全長:4380mm 最小回転半径:5.2m

スポーツカーにとって重要なのはファクターであるホイールベース、トレッド、重心高を重視したパッケージングを採用。ワイドなトレッドに対してキャビンをタイトに絞り込み、ピュアスポーツらしい凝縮感を実現。エアロの造形は優れた空中バランスをもたらす。

エンジン&ホイール

「RZ」には340㎰の直列6気筒ターボを。「SZ-R」と「SZ」には、それぞれ最高出力258㎰と197㎰の直列4気筒ターボを搭載する。いずれもツインスクロール式のターボチャージャーが備わる。

標準装着されるアルミホイールもグレード別に設定される。写真は「SZ-R」の18インチ。

乗降性

低い着座位置ゆえに、乗り込み際は沈み込む感覚が強い。加えて極太のサイドシルのため足先の軌跡も大きくなるが、そのサイドシルに片手をついて(運転席ではさらに左手でハンドルを持ち)体重を支えるのがスマートに乗り降りするコツだ。

インパネ

ダッシュボードを低くして視認性を高め、操作に必要な要素はドライバーの正面に配置。本革巻の小径ステアリングや8.8インチタッチディスプレイ付きHDDナビゲーションなどは全車に標準装備。

メーター

8.8インチのTFT液晶を採用したデジタルメーター。左側に速度計、中央に回転系とシフトポジション。上下のスペースにトリップ情報も表示される。

前席



座った瞬間に驚くのが着座位置の低さで、ローポジション好きの筆者でも最下部は低過ぎだと感じるほど(上下調整幅は広くて好みに合わせられる)。頭上には十分なクリアランスがある。シートは脇腹を中心にサイドサポートする形状だ。

水平基調かつ上面を低めにしたダッシュボードにより、助手席の前は意外に視界が開けていて閉塞感は少ない。足元にも十分な空間が用意されている。ちなみに、ヘッドレストはシートと一体化した固定式だ。「RZ」と「SZ−R」のシート表皮はアルカンターラ+本革で共通。

うれしい装備

ナビなどインフォテイメント系は、コマンダーによる遠隔操作を前提にしたインターフェイスを採用。ダイヤルの上面はタッチパッドになっていて、ナビの目的地などを手書き文字で入力することもできる。

リヤスピーカーはキャビン後方のフロア(左右サスタワー間)に組み込まれる。荷物との接触を防ぐためのガードもスマートにデザインされている。

緊急時に、天井のSOS ボタンを押すことでオペレーターに接続。緊急車両の手配などを行なってくれる。エアバッグ展開時は自動で発報。

助手席エアバッグの作動停止スイッチはダッシュボード側面に組み込まれる。ドアを開けた状態で、メインキーを差して切り替える。

トヨタ車ながら輸入車を感じさせるのがウインカーレバー。日本で一般的な右側ではなく左側。右か左かは慣れの問題で、すぐに馴染むだろう。
ドアやテールゲートが開いているときはメーター内ディスプレイにグラフィックで表示。開いている箇所は赤く示されるので一目瞭然だ。


運転席と助手席のシートヒーターは「RZ」と「SZ-R」に標準装備。空調コントロールパネルのスイッチで3段階に温度調整可能。
マニュアルシートの「SZ」に対し、「RZ」と「SZ-R」は電動調整式。8ウェイ+ランバー&サイドサポート調整も可能だ。


ラゲッジルーム

高さ:650mm 最小幅:980mm 奥行き:780mm

広さのイメージは「2人の小旅行」。機内持ち込みサイズのケースならゆったりふたつ、大型スーツケースでも1個は積める。前方の床が高くなっている部分(左右サスタワー間)を活用すればゴルフバッグも収まる。トノボードはテールゲートが開くのに連動して跳ね上がる。床からボードまでの高さは390㎜と低く、状況によってはボードを外して大きな荷物を積むのもアリだ。

使い勝手撮影車両データ

インテリアカラー:ブラック

※撮影車両はプロトタイプであり、販売中の「SZ」にライトニングイエローの設定はありません。また一部のカットは別グレードの車両を撮影しています。

〈TOPICS〉レース専用車両GR Supra GT4発売!

TOYOTA GAZOO Racingがレース専用にチューニングされたスープラを発売(北米8月、日本、アジア10月)する。予定価格は17万5000ユーロ(約2102万円)。装備も抜かりなく、320kW(430hp)までチューニングされたエンジン、1350㎏に軽量化された車重、7速オートマチックトランスミッションなど。すぐにレースで高い戦力を発揮するパッケージとなっている。

〈開発者コメント〉前例なき新型スポーツカープロジェクト

バイヤーズガイド

「SZ」の素の良さも捨てがたいが、バランスが良いのは「SZ-R」。「SZ」よりも100万円高いが、アダプティブバリアブルサスペンションとアクティブデフなどが装備されるから価格差は納得できる。スピードでは直6の「RZ」に敵わないが、直4エンジンはフロントの動きが軽いのが美点。ハンドリングを追求するなら「SZ-R」で決まりだ。

「SZ」はAVSやアクティブディファレンシャルが備わらないなど、装備類を厳選。「SZ-R」はカーボンの内装オーナメントパネルなど、充実した装備内容を誇る。「RZ」はフロントにブレンボ製アルミモノブロック4ポットキャリパーを備える。

RZ
SZ-R


情報提供元:MotorFan
記事名:「 〈トヨタ・スープラ〉17年ぶりに復活したピュアスポーツ【ひと目でわかる国産新型車の魅力】スポーツカー レビュー