FRからFFへと大転換を果たした新型BMW1シリーズ。いわば、普通のCセグカーになったわけだ。ここでは、現行型と新型のディメンションを比較してみたい。BMWらしさは、FFになっても健在か。

新型は少しだけ短く幅広い

 エンジン横置き前輪駆動レイアウトを採る新型1シリーズ。そのディメンションを、FRである現行(F20型)1シリーズと比べてみる。新・旧の順に写真を載せいく。

新型1シリーズ

新型BMW 1シリーズ

新型1シリーズ

全長×全幅×全高:4319mm×1799mm×1434mm

ホイールベース:2670mm

現行1シリーズ(F20型)

現行1シリーズ(F20型)

全長×全幅×全高:4329mm×1765mm×1440mm

ホイールベース:2690mm



 車重は、同じB48型2.0ℓ直列4気筒ガソリンターボを積む118i同士の比較で

新型:1365kg

現行:1380kg

 と若干軽くなっている。



 Cd値は、現行の0.31から0.26へ大きく向上した。



 ただし、ターニングサークルはFRで前輪がよく切れた現行型が10.9mだったのに対して、新型は11.4mと50cm大きくなっている。半径で言うと25cmほど小回りが利かなくなったと言える。ちなみにステアリングギヤレシオは、現行型、新型ともに15.0で同一だ。

新型1シリーズ

新型1シリーズ

トレッド:前1565mm 後1565mm

現行(F20)1シリーズ

現行1シリーズ(F20型)

トレッド:前1535mm 後1569mm

 フロントサスペンションは

新型:シングルジョイントスプリングストラット

現行:ダブルジョイントスプリングストラット

 である。



 118iの最高速度は

新型:213km/h

現行:210km/h

と発表されている。

新型1シリーズ 全長×全幅×全高:4319mm×1799mm×1434mm ホイールベース:2670mm

現行(F20)1シリーズ 全長×全幅×全高:4329mm×1765mm×1440mm ホイールベース:2690mm

新型1シリーズ

現行(F20)1シリーズ

 リヤサスペンションは

新型:マルチリンク

現行:5リンク

 である。



新型1シリーズ インテリア

現行1シリーズ インテリア

ラゲッジ容量はどうなった? 新型1シリーズ

現行1シリーズ

 ラゲッジ容量は、現行の360ℓから新型では380ℓに拡大した。後席の分割可倒は、標準では60:40、オプションで40:20:40を選択できる。

新型1シリーズ

新型1シリーズ

フロントオーバーハング:857mm

リヤオーバーハング:792mm

現行(F20)1シリーズ

現行1シリーズ(F20型)

フロントオーバーハング:770mm

リヤオーバーハング:869mm





 現行1シリーズが持っていたノーズがちょっと長くキャビンが後ろによっているように見えた、後輪駆動車が持つ独特の佇まいは、新型では一般的なFFのCセグハッチバックのプロポーションに変わっている。

 フロントとリヤのオーバーハングの合計は

新型:1649mm

現行:1639mm

 と10mmしか変わらない。

 しかし、前後のオーバーハングのバランスは大きく異なっている。大雑把に言って、前後のオーバーハングの長さが新型と旧型ではちょうと反対となっているのだ。

新型1シリーズ

現行(F20)1シリーズ

新型1シリーズ

新型1シリーズ

前席頭上高:1019mm

前席左右方向:1442mm

後席頭上高:956mm

後席左右方向:1430mm

現行(F20)1シリーズ

現行1シリーズ(F20型)

前席頭上高:1018mm

前席左右方向:1400mm

後席頭上高:972mm

後席左右方向:1417mm



 全幅が34mm広がったことが、室内寸法に現れている。横方向の余裕が大きくなっている。また、後席のひざ周りは現行型に比べて33mm拡大した。

新型1シリーズの前席

新型1シリーズの後席

情報提供元:MotorFan
記事名:「 BMW1シリーズ、現行と新型を比較する。FRとFFでプロポーションはどう変わったか?