東京オートサロン2019の会場には、カーデザイン的に注目の高いモデルが展示されていた。これを難波治教授(スバルの前デザイン部長で現首都大学東京教授)と見て回るシリーズ。第4弾は、スズキだ。



COMMENT◎難波 治(NAMBA Osamu/首都大学東京教授) TEXT & PHOTO◎鈴木慎一(SUZUKI Shin-ichi/MotorFan.jp)

 スバルの前のデザイン部長で、『スバルをデザインするということ』の著書もある難波治教授(首都大学東京)が、東京オートサロン2019の会場を訪れた。難波教授のデザインウォッチング 東京オートサロン2019編の第4弾は、大人気のスズキ・ジムニーをベースにしたコンセプトカー2台を見る。

まずはジムニー・サバイブから


スズキ・ジムニー“サバイブ”を徹底的に観察する【東京オートサロン2019】

MF:スズキ・ジムニー、大人気です。大ヒットです。この2台のコンセプトカーはどうですか、教授。



難波:ジムニーらしい世界観でいいんじゃないですか。



MF:SUZUKI JIMNY SURVIVE、サバイブです。



難波:まず基本的には、スズキがジムニー前面に押し出して、面白いんじゃないですかね。この後ろにあるピックアップのトラックもいいですしね。うん。で、このサバイブは、すべて一応お決まりの装備をつけてあって、そこそこちゃんと味つけはできているんじゃないかと思います。

難波教授。

MF:これは、コンセプトカーだから、売る気がなくて作っているのでしょうか? 販売予定あり?



難波:これ? 売らないでしょ? まずこのロールバーがついて、売らないですよね。ほら、ジムニーは人気過ぎて、まだ人に行き渡っていないじゃないですか、ほとんど。ただ、四駆ショップで気持ちを盛り上げてあげるとか、全体を盛り上げている感じじゃないですかね。



MF:このロールバーを外側に出すっていうアイデアは、昔からあるんですか?



難波:ありますよ。特にジムニーはね。



MF:ジムニーは狭いから中にロールバー入れられないのか。



難波:まぁ、入るんですけど、ファッション、ファッション系の感覚かな。

難波:ただ、唯一気に入らないのは! この「サバイブ」って書いてある、この書体がねぇ。はい。ちょっと気になりますね。世界中の人が見にきていて、こうやって配信されて、世界中に情報が回るでしょ? そのときのことまで考えて欲しいんですよね。


スズキ・ジムニーシエラのピックアップを徹底的に観察する【東京オートサロン2019】

MF:では、隣のピックアップトラックはどうですか? ジムニーシエラがベースです。



難波:このピックアップは、全体のクルマとしてとっても面白くて、ジムニーの魅力がうまく表現できています。これ、いいじゃないですか。まずね、サイドのバランスのとってもいい。ピックアップにしてバランスもいいし。



MF:難波さんがデザインしたサイもいるし。


スズキ・ジムニーのマスコット「サイ」(RHINO=リノ)をデザインしたのは、じつは若き日のあの人

難波:そうそうそう。サイに目玉入ってますからね。いいっすね。でもね、この荷台の板だけ、本当に板貼っちゃっただけなんでしょう。フロント周りは全部、ちゃんとデザイン処理しているのに。周りがちゃんと飾ってあるのに、どうして荷台だけこんなに、まな板でもないですしねぇ。



MF:でも、これすごく、日曜大工センターから買ってきたのペタッと貼りつけました的な感じですよね。



難波:そうそう。コーナーも丸く取ったりしてね。どうしてだろ、なんでなんだろう。聞いてみたいなぁ。今度スズキの人に会ったら、聞いてみます。

このジムニーのマスコットのサイのデザインは、若き日の難波教授の手によるもの。

MF:まぁ、でも、もし5ドアを作ったとしたら、こういうバランスになるってこと? ならないか。



難波:実際にはジムニーの5ドアを開発するとなると、後ろのドアがね。フロントドアがもう少し短くなって、後ろのドアが……実際にはジムニーの5ドアは待ち望んでいる人が多いんですけどね。使い勝手は上がると思いますけどね。



MF:でも、こんだけリヤのオーバーハングを長くしてもかっこ悪くならないのは、このピックアップはうまくいっているってことですか?



難波:そうですね。自動車の造形のバランスでいうと、フロントオーバーハングとリヤオーバーハング比率で見ると理想的じゃないけれど、これをトラックだと思ってみていると、やっぱり荷台オーバーハングが長くていいんじゃないですかね。悪くないと思いますよ、うん。このクォーターパネルは今回、起こしてるというか、新規で作ったんでしょう。荷台はキャリーから流用しているのかな。

リヤのオーバーハングは、オリジナルのジムニーシエラからだいぶ延長されている。

MF:アリだけど、気に入らないところもあるんですか?



難波:このシエラはそんなにないですよ。先ほどお話しした板のところくらいかな。でもちゃんとキメるところは、キマってるし。リヤの板っぺらくらいかな。これがちゃんとしていたら、もう一段質が上がったかなぁ。うん。でもね、いいんじゃないですか。こういうのもアリですよ。



MF:ジムニーが人気で売れているからできること、な感じはしますけど。



難波:うん。そんな感じはしますね。で、ジムニーはもともといろんなタイプ出ていて、長く売るからいろいろとバリエーションも豊富になっていくんですけど、だから、どんどんどんどんストーリーは膨らんできて、いいですね。新しいジムニーの世界観ができている感じがしますよ。



MF:サイに目玉が入ったのはどうですか。



難波:えへへへへ。なんで入れたんですかね、コレ。しかも、そうだな、この前のショーカーのときは、ねぇ、新しいアレンジした現代版のサイだったんですけど、これは元々のオリジナルのサイの姿に戻ってますから、目玉がはいっただけじゃなくて。うん。



MF:じゃあ、一応、アリ?



難波:アリ!

よく見ると、荷台の部分のウッドだけ、デザイン処理がしきれてないように見える。


Mazda3 5ドアHB:マツダの意志が見えてとてもいい。Mazda3のデザインをスバルの前デザイン部長難波治教授が語る


「いいセダンが出ましたね」。Mazda3のデザインをスバルの前デザイン部長難波治教授が語る 4ドアセダン編


いい仕事してますね。ちゃんとスポーツカーに見えます。トヨタ・スープラのデザインをスバルの前デザイン部長難波治教授が見る

情報提供元:MotorFan
記事名:「 スズキ・ジムニー、ピックアップ・コンセプトとジムニー・サバイブのデザインをスバルの前デザイン部長難波治教授が語る