今年も日本全国……どころか、世界屈指のチューンドカーやレーシングマシンが集結した東京オートサロン2019。では、もしも出展車両を一斉に走らせたら、どのクルマが一番速いのか? 「速い」にもいろいろな意味があるし、それぞれステージによって得手不得手もあるだろうけれど、「戦歴」から判断すればやっぱりこの一台! マルク・マルケスが2018年のMotoGPを制したチャンピオンマシン「ホンダRC213V」だろう。

あまりにもささやかなディスプレイなので見逃さないように注意!

 チューニングカーやメーカーによるコンプリートカーが主役の東京オートサロンだが、実は競技用車両も数多く展示されている。一番多いのはやはりべース車両の面影を感じさせるGTマシンで、それに続くのは同じ理由でWRCマシン。だがホンダブースにはF1マシンやスーパーフォーミュラ・マシン、日産ブースにはフォーミュラEマシンも並べられている。



 では、そのなかでどれが最強マシンなのか? どれが最も「ナマで見られるのはありがたい」のか? さまざまな見方があるだろうけれど、「手にした栄冠の価値と回数、そして実際の速さ」を統括して考えれば、マルク・マルケスが2018年のMotoGPを制したチャンピオンマシン「ホンダRC213V」が最強最速のひとつの答えであることに異論はないだろう。

計器モニターはフル液晶。ハンドルまわりは燃調マッピングの切り替えやピットロードのリミッターなどのスイッチだらけ。

グリップエンドに備わるステーのようなものは、接近戦でほかのライダーのハンドルや手がレバーに干渉することを防ぐガードだ。

オーリンズ製のサブタンク付き倒立フロントフォーク。ブレーキディスクはカーボンで、キャリパーはブレンボ製をラジアルマウントする。

リヤブレーキは制動をほとんど担わず、姿勢コントロールに使われるため、ごらんのようにディスク径は極小。

高負荷に耐えるごっついアルミニウム製スイングアームがカッコイイ。インナーフェンダーはカーボンだ。

V型4気筒エンジンは後ろ側バンクの排気の取り回しが難しいため、エキゾーストはリヤセンターと右サイドの2本出し。

ホンダワークスはしばらくテルミニョーニ製のエキゾーストを採用していたが、2017年からSCプロジェクト製に変更されている。

 世界選手権のチャンピオンマシンの割には、かなり控えめな展示といった印象で、気づかないで通り過ぎてしまう可能性も大。4輪が主役のイベントだからしかたがないが、せっかくだからホンダブースを訪れるときには意識しておいてほしい。めったに拝めるものではないのだから。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 東京オートサロン2019で最速最強のマシンはコレ!〈HONDA RC213V〉