S208の中でも最上級グレードに使用されていたクールグレーカーキに身を包んだ、カスタムパーツ装着モデルのレヴォーグはブース内でひときわ目立つ存在です!



エクステリアをはじめ、目に見えない走行性能に関わる箇所までふんだんにSTIパーツを装着した今回のモデルには、通常「STIパフォーマンスパッケージ」装着車のみに与えられる非売品のステッカーと、STIのピンストライプが貼られていました。



この非売品のステッカーは、フェンダー部に通常ならまっすぐの角度で貼られているのに、このレヴォーグに貼られているものは、なんだか斜めな気がする、、、

そう、実は、ピンストライプはボディのプレスラインに沿ってリヤへと絶妙に上がりながら貼られていて、この角度に合わせて、非売品ステッカーを貼った方が角度が揃ってスタイリッシュに見える、という結論に至ったそう。少しだけど貼り方に角度がつけられていたのだ!!



なぜ、もっと早くに気づかなかった!? と突っ込みたくなってしまうが、これからステッカーとピンストライプを同時に装着予定の方がいたら、ぜひ参考にしてもらいたいポイントです!!

情報提供元:MotorFan
記事名:「 「STIパフォーマンスパッケージ」のピンストライプに萌える