1月11日(金)〜13日(日)の3日間、千葉県の幕張メッセで開催されている東京オートサロン2019。そのルノー・ブースにてトゥインゴGTのエンジンルームを拝むことができる。RR(リヤエンジン・リヤホイールドライブ)のトゥインゴは、なかなかエンジンを見ることができないのだ。

リヤに鎮座する直列3気筒0.9Lターボがよく見える。RRとは言うものの、リヤアクスルよりも前にエンジンが置かれるため、厳密に言うとミッドシップだったりする。

 トゥインゴはRRの実用ハッチという希有なキャラクターで、エンジンルームの上はラゲッジスペースとなっており、エンジンルームにはカーペットをめくってビスを外してカバーを開けるか、リフトアップして下からアクセスするしかない。



 しかし東京オートサロンに展示されているトゥインゴGTは、エンジンルームのカバーが外されているだけでなく、透明のカバーがかけられている。このカバーがかっこよくて、近年のミッドシップフェラーリのようなスーパースポーツが、エンジンルームのフードをガラスにして中が見えるようにしているのに似ている。このガラスカバーを販売したら、買うオーナーはけっこういると思うのだが、いかがだろう?



 ともかく、ルノーブースに立ち寄ったら、ぜひともエンジンルームを覗いてみよう。



情報提供元:MotorFan
記事名:「 貴重なルノー・トゥインゴのエンジンルームが見られる【東京オートサロン2019】