東京オートサロンでは新型ジムニーをGクラス風に仕上げたドレスアップも登場しましたが、それよりもっと可愛らしいGクラスを発見しました。なんと人が乗って走れるミニチュアGクラスです。

東京オートサロンで可愛らしいG63AMG6×6を発見!てっきりただのオブジェかと思いきや、これ実は人が乗って走る電動ミニカーなのです。オフィスKが販売するこの6×6ビッグラジコン、名前の通りリモートコントロールで走らせることもできるし、耐荷重が110kgなので、人が乗って走る(時速8km/h)ことも可能なのです。



ボディサイズは全長139×全幅69×全高62cm、6モーターというから、各輪にそれぞれモーターが付いているという、まさに6WDです。

各ライトが点灯するだけでなく、ブレーキローターも赤く光る。

しかも作りはかなり凝っており、実車のスタイルを完全に再現しているだけでなく、ドアやリヤハッチも開閉可能、ヘッドライトも点灯してMP3プレイヤーも搭載しています。



フロントに搭載されたバッテリーには通常のAC100Vで充電し、およそ3時間の走行が可能だそう。これで価格10万円というのは、かなりお買い得ではないでしょうか? 本物のG63AMG6×6より目立てるかもしれませんよ!?

メーターやステアリングも実車の雰囲気を再現。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 ひとり乗りのGクラスを発見!【東京オートサロン2019】