北は北海道から、南は九州宮崎まで、33のチューニングショップが加盟する『CLUB RH9』。トップシークレット、トップフューエル、ガレージGフォース、REウイングほか、13ショップのブースが北11ホールに集結!

そこには本物のチューニングカーが勢揃いしているのだ。



 1983年に産声をあげた東京オートサロン。第4回までは『東京エキサイティングカーショー』として開催され、会場も東京国際見本市会場(晴海)だった。当時は“チューニングカー=違法改造車”の時代。アンダーグラウンドな存在だったチューニングカーが一堂に会するイベントは、それだけで十分に画期的だった。



 第5回から今の『東京オートサロン』へと名称を変え、会場も東京国際見本市会場から有明ビッグサイト、そして幕張メッセへと移り、回を重ねるごとに規模を拡大してきた。



 と同時に、ベース車を含めてチューニングやカスタムも多様化。かつてはチューニングと言えば速さを求めるためのモノであったが、内外装やオーディオなどのカスタムに重きを置いた出展車両が増え、昔ながらのチューニングカーが少数派になってきたのも時代の流れだ。



 しかし、北ホールの一角に13のショップがブースを構える『CLUB RH9』エリアには、パワー系チューンが施され、走りの性能をブラッシュアップしたリアルなチューニングカーが勢揃い。



 R32からR35まで6台のGT-Rを並べたトップシークレットを始め、S660とスイフトスポーツを出展するトップフューエル、ランエボとインプレッサWRX STIが並ぶガレージGフォース、RX-7カブリオレ(FC3C)のオリジナルマフラーを発売したREウイングなどチューニングカー好きも納得のラインアップ。



 北11ホールには、往年の『東京エキサイティングカーショー』を思い起こさせる雰囲気が漂っているのだ。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 チューニング濃度の高さは会場イチ!CLUB RH9【東京オートサロン2019】