LEDテールランプやヘッドライトなどをリリースするヴァレンティ。今回参考出品した86には西陣織で織られたカーボンが採用されている。

ヴァレンティが今回提案するのがこの和柄のカーボン。

実はコレ、西陣織の帯を組む工場で織られたもの。



販売の予定はなく、すごいコストになってしまうとことだが、カーボンと和風の共演というのは斬新な試み。

リップやミラーカバーなど小さな部品でいいので販売してもらいたい、まさしく一品だ。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 VALENTIの西陣織カーボンに注目!!【東京オートサロン2019】