大注目の新型Mazda3(今回から日本名もMazda3となりアクセラの名前は名乗らない)。日本でも今年度内には発売されるはず。北米でのエンジン&トランスミッションの組み合わせはすでに発表されている。パワートレーンを少し考えてみよう。


新型Mazda3(マツダ3=アクセラ) SKYACTIV-Xだけじゃない。注目の技術は?発表されたスペックをまとめてみると……


SKYACTIV-X搭載の「新型マツダ3」LAショーでついに登場! パワートレーンはXを含む5種類

 新型Mazda3で公表されているスペックは次の通りだ

エンジン:

SKYACTIV-G 1.5

SKYACTIV-G 2.0

SKYACTIV-G 2.5

SKYACTIV-D 1.8

SKYACTIV-X

トランスミッション:6速AT/6速MT

サスペンション:Fマクファーソンストラット Rトーションビーム

ステアリング形式:ラック&ピニオン(電動パワーアシスト付)

ブレーキ:Fベンチレーテッドディスク/ディスク

タイヤ:205/60R16、215/45R18

注目はエンジンで、上にあるとおり

SKYACTIV-G 1.5

SKYACTIV-G 2.0

SKYACTIV-G 2.5

SKYACTIV-D 1.8

SKYACTIV-X



の5種類のエンジンを設定する。

 このうち、エントリーモデルは、当然1.5ℓのSKYACTIV-G 1.5を積むはずだ。



 ここで、この5種類のエンジンのスペックをざっとまとめてみよう。



SKYACTIV-G1.5(アクセラ)

111ps(82kW)/6000rpm

144Nm/3500rpm





SKYACTIV-G1.5(ロードスター)

132ps(97kW)/7000rpm

152Nm/4500rpm



SKYACTIV-G2.0(CX-5)

156ps(115kW)/6000rpm

199Nm/4000rpm



SKYACTIV-G2.0(ロードスター)

184ps(135kW)/7000rpm

205Nm/4000rpm



SKYACTIV-G2.5(CX-5)

188ps(138kW)/6000rpm

250Nm/4000rpm



CX-3

SKYACTIV-D1.8

116ps(85kW)/4000rpm

270Nm/1600-2600rpm



SKYACTIV-X(当初の目標値)

190ps(140kW)

230Nm



 となっている。

 G1.5とG2.0は、最新スペックを搭載しているのが、縦置きエンジンのロードスターになるが、おそらく、Mazda3ではロードスター搭載のものと従来の横置きエンジンのスペックの中間くらいのスペックのエンジンを搭載してくると予想する。



SKYACTIV-G1.5で

120ps/150Nm

程度だろうか。



 パワースペックだけ見ると、おそらくトップグレードとなるSKYACTIV-XエンジンはパワーでG2.5とほぼ同じ、トルクではG2.5にもD1.8にも足りないスペックになってしまう。どんなに燃費性能が優れていても、パワー&トルクが足りないのでは、北米でも日本でも欧州でも売れないだろう。それを補うのが24Vのマイルドハイブリッドシステムなのだろう。

SKYACTIV-Xエンジン


新型Mazda3が積むSKYACTIV-Xエンジンの「M Hybrid」は24Vシステム! なぜ48Vではなく24Vなのか?

 システム出力はおそらく200ps/300Nm並、少なくともスタート/加速性能はそれを同等以上であることが求められるだろう。

SKYACTIV-D1.8

 次は、D1.8とG2.5の比較だ。

SKYACTIV-G2.5(CX-5)

188ps(138kW)/6000rpm

250Nm/4000rpm



CX-3

SKYACTIV-D1.8

116ps(85kW)/4000rpm

270Nm/1600-2600rpm



 ということになるが、もちろん価格はD1.8が高くなるはずだ。燃費性能もD1.8が上回るだろう。


排気量258ccアップ。マツダCX-3が積むSKYACTIV-D1.8はなぜ排気量を大きくしたのか?

SKYACTIV-G2.5 気筒休止機構が付く

SKYACTIV-G2.5はもちろん直噴システムを搭載。トップではなくサイドから燃料を噴く。

気筒休止機構(右が気筒休止状態。ロストモーションでバルブが開いていない)


マツダの気筒休止システム:モーターファンフェスタ2018

 となると、編集部予想では

トップグレードは、SKYACTIV-X搭載モデル

トルクと燃費重視だと、SKYACTIV-X搭載モデル

ガソリンらしい伸びやかさとパワーなら、SKYACTIV-G2.5搭載モデル

標準モデルが、SKYACTIV-G2.0搭載モデル

エントリーモデルが、SKYACTIV-G1.5搭載モデル

ということになると予想する。

 価格の順番もこの順番なのではないだろうか。

これがSKYACTIV-G2.5T。パワースペック的にはこれが最強か。

 Mazda3には設定がないが、

SKYACTIV-G2.5T

230ps(169kW)/4250rpm

420Nm/2000rpm

 という隠し球もまだマツダは持っている。


ダイナミック・プレッシャーターボ! CX-5に新たに搭載された2.5ℓ直4ターボ:SKYACTIV-G 2.5T

情報提供元:MotorFan
記事名:「 マツダ期待の新型Mazda3のエンジンラインアップ。頂点はSKYACTIV-Xだが、ヒエラルキーはどうなりそうか?