旬なクルマの情報を網羅した「モーターファン別冊 統括シリーズ」。今回は「Vol.106 2018-2019年国産&輸入SUVのすべて」から「BMW X3」を抜粋してご紹介。



レポート=石井昌道[本文]/塚田勝弘[写真解説] フォト=中野幸次

シャシー刷新で機能性が向上 安全性や使い勝手も一級品

 今では1から6まで隙間なくラインナップするBMW Xシリーズ。1/3/5の奇数はSAV(スポーツアクティビティビークル=一般的にはクロスオーバーSUV)、2/4/6の偶数はクーペバージョンのSAC(スポーツ・アクティビティ・クーペ)となるが、その中でも中核をなすのがX3だ。



 2017年10月のフルモデルチェンジで三代目となった現行モデルは、一見すると先代に近いキープコンセプトだが、キドニーグリルが大型化されて立体的になったフロントマスクやなだらかなルーフラインなどで洗練された雰囲気となっている。ボディは先代比で全長が55㎜伸び、全幅が10㎜広がって大きくなっているが、新世代のプラットフォームを採用したことによって重量は最大55㎏軽減。サスペンションにもアルミニウムが多用されており、シャシー性能向上が図られている。



 そして先進安全装備がますます充実したのも新型X3の特徴だろう。ステレオカメラに前方3基、後方2基のミリ波レーダーを採用した運転支援システムは、機能もフィーリングも進化。BMWは走りが気持ち良いイメージが強いが、安全性や使い勝手でもトップレベルにある。 



 日本仕様に用意されているのは、2.0ℓ直噴ターボの「20i」系と2.0ℓディーゼルターボの「20d」系。それぞれ8速ATと組み合わされ、4WDの「xDrive」のみがラインナップされている。



 パワートレーンはすでにお馴染みのものだが、「20d」に試乗してみてエンジン屋のBMWの実力を再認識することになった。1750rpmから40.8㎏mものトルクを発生するから、1890㎏の車両重量に対しても余裕は十二分。いつでもどこでもアクセルをちょっと踏みこむだけで力強い加速が堪能できる。特に100㎞ /h、1500rpm程度の高速巡航時、アクセルを徐々に踏み増していくとシフトダウンなしに速度をスーッと上げていくときなどにトルクの充実感がある。



 一般的にディーゼルは高回転が苦手だが、BMWのそれは5000rpmまでシャープに伸びやかに回っていく。常用域のトルクに優れるディーゼルとしては異例にスポーティなのだ。それでいて音・振動も気にならないレベルに抑え込まれている。



 8速ATも相変わらず秀逸。発進時はスムーズかつ力強く、ドライバーの右足の動きから意思を読み取って適宜にギヤを選択する。そのドライバビリティの良さは他のメーカーがベンチマークにしているほどだ。



 新型となって大きく進化したのがシャシー性能だ。BMWらしく、ステアリングを切れば切っただけ正確に曲がっていく絶品のハンドリングは従来通りだが、それに加えて乗り心地が良くなった。ソフトタッチというわけではないが、しなやかで質の高い動きなのだ。



 やはりX3の最大の魅力は走りということになる。それも、スポーティというだけではなく、パワートレーンもハンドリングもドライバーが思う通りに忠実に応え、快適性も高いという全方位的にハイレベル。最近はボルボやジャガーなどドイツ以外の勢力も力を付けたが、走りに関しては一日の長がある。

全長×全幅×全高 4720×1890×1675mm

ミラー・トゥ・ミラー 2120mm
開口高 710mm


センターパネルなどの操作系を運転席側に傾けた、ドライバー優先の設計。写真の「M Sport」はバトルシフト付きで、ブラッシュドアルミニトリムなどによるスポーティな仕立てが特徴だ。地デジチューナー付きオーディオビジュアルシステム、USBオーディオインターフェイス、ETC2.0車載器などを標準装備する。

後席のシートサイズも大きく、床面から座面までが高いので、深く腰掛ける姿勢となる。足元、頭上ともに十分な余裕が確保されるのも美点だ。リクライニング機構は、標準車を除き、2万円のオプションになる。
大きな背もたれに加え、「M Sport」の座面は、前後長の調整も可能で身長や好みに合わせて変更できる。前席は電動式で、運転席にメモリー機能を用意。「xLine」と「M Sport」はサイドサポートも電動調整式に。


2017年10月に三台目に移行。大型化されたキドニーグリル、ワイドなエアインレットが目を惹く顔付きは上位モデル並みの迫力がある。フェンダー後方にはエアブリーザーが追加され、スポーティムードが強調される。

xDrive20d M Sport

全長×全幅×全高(㎜):4720×1890×1675

ホイールベース(㎜):2865

トレッド(㎜) 前/後:1600/1615

車両重量(㎏):1890

エンジン種類:直列4気筒DOHCディーゼルターボ

総排気量(㏄):1995

最高出力(kW[㎰]/rpm):140[190]/4000

最大トルク(Nm[㎏m]/rpm):400[40.8]/1750-2500

燃料タンク容量(ℓ):60(軽油)

トランスミッション形式:8速AT

駆動方式:4WD

タイヤ・サイズ:245/50R19

最小回転半径(m):5.7

JC08モード燃費(㎞/ℓ):17.0

車両本体価格:710万円

情報提供元:MotorFan
記事名:「 BMW X3:パワートレーンもハンドリングもドライバーが思う通りに忠実、駆け抜けるSAVの中核