三菱自動車は、スーパーハイトワゴンタイプの軽自動車『eKスペース』が、日本における自動車の安全性能を試験・評価する平成30年度自動車アセスメント(以下、「JNCAP*1」)の予防安全性能評価において、最高評価「ASV+++(エーエスブイ トリプルプラス)*2」を獲得したことを発表した。

『eKスペース』は、歩行者を検知する衝突被害軽減ブレーキシステム、踏み間違い衝突防止アシストを全車に標準装備しており、さらにカスタムグレードには車線逸脱警報システム、オートマチックハイビームを標準装備。また、Safety Package付きのグレードには、後方情報も確認するマルチアラウンドモニター(バードアイビュー機能付)を標準装備しており、安全な運転をサポートする。



 平成30年度「JNCAP*1」予防安全性能評価では、従来の「被害軽減ブレーキ(対車両)」「被害軽減ブレーキ(対歩行者)」「車線逸脱抑制」「後方視界情報*3」の4項目に加え、「高機能前照灯」「踏み間違い加速抑制」「被害軽減ブレーキ(対歩行者夜間街灯あり)」の計7項目による試験が行われた。三菱自動車の最新予防安全技術を搭載した『eKスペース』は、「被害軽減ブレーキ(対車両)」「後方視界情報*3」の2項目で満点を獲得している。



 また、コンパクトミニバンの『デリカD:2』も「JNCAP*1」の予防安全性能評価において最高評価「ASV+++」を獲得した。

「eKスペース」試験結果

*1…国土交通省と独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)によって行われる自動車アセスメント(Japan New Car Assessment Program)の略称。

*2…先進技術を利用してドライバーの安全運転を支援するシステムを搭載した先進安全自動車(Advanced Safety Vehicle)の略称。

*3…ディーラーオプションのオリジナル(ハイスペック)ワイド2DIN-7型メモリーナビゲーション搭載時。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 軽自動車『eK スペース』が平成30年度自動車アセスメント(JNCAP)の予防安全性能評価において最高評価「ASV+++」を獲得