2.0ℓ 直4ターボに7速ATを組み合わせた「V260 long」が限定モデルとして登場した。ボディカラーは2色展開で、計250台が用意されている。ちなみに、現行モデルでは、初のガソリンエンジン搭載モデルである。

人気の「レーダーセーフティパッケージ」も標準装備

  “欧州のミニバン”として1998年に初上陸した「Vクラス」は、ワイドでスクエアなスタイリングと広くて上質な室内空間に、アレンジが自在なシートを備え、“プレミアムミニバン“というセグメントを創出した。



 その後も、2003年、2015年のフルモデルチェンジを経て、7名乗車のシートレイアウトや左右両側の電動スライドドア、リヤエンターテインメントシステムなど、日本の顧客ニーズに合わせた装備や専用アクセサリーの拡充を図り、累計販売台数約3万台のロングセラーモデルへと成長した。

 このほど発売された限定モデル「V260 long」は、211ps・350Nmを発生する2.0ℓ 直4ターボに7速ATを組み合わせた、高品質な走りが最大のセールスポイント。18インチの5ツインスポークホイールを装着したスポーティで精悍なルックスで、もちろん人気の安全運転支援システム「レーダーセーフティパッケージ」も標準装備されている。



 インテリアにはリクライニング可能な3列目ベンチシートを備えたブラックの本革シートとともに、ブラウンのウッド調インテリアトリムを採用して高級感を演出している。



 ボディカラーは、オブシディアンブラック、ロッククリスタルホワイトの2色で、それぞれ125台の限定となる。現在、全国のメルセデス・ベンツ正規販売店で予約を受け付けているが、納車は2019年1月以降となる予定だ。

車両本体価格

メルセデス・ベンツV260 long (右ハンドル) 738万円

ドリンクホルダーやカバーが付いた「センターコンソールアンダーボックス」を装着。ロングドライブでも快適だ。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 高い静粛性と滑らかなドライブフィールを実現! メルセデス・ベンツVクラスに限定モデル「V260 long」が登場!!