2018年5月5日(土)、AMAスーパークロス選手権 250SXウエスト・第10戦ラスベガス大会(最終戦)で、「Monster Energy/Yamalube/Star/Yamaha Racing」からYZ250Fで250SXウエストに参戦するアーロン・プレシンジャー選手が、自身初となるチャンピオンを獲得した。

プレシンジャー選手は2015シーズンにAMAデビューを果たし、250SXウエストに参戦してランキング5位とすると、2016シーズンは250SXイーストで初優勝をあげるとともにランキング2位を獲得。さらに昨シーズンは250SXウエストでランキング3位と着実に成長を遂げてきた。

なお最高峰の450SXでは、「Monster Energy/Yamaha Factory Racing Team」のクーパー・ウェブ選手がランキング9位、ジャスティン・バーシア選手がランキング10位。250SXイーストでは、ヤマハユーザーのルーク・レンズランド選手がランキング5位を獲得した。

チャンピオンシップを見据え堅実な走りでポジションをキープ
アーロン・プレシンジャー選手


情報提供元:MotorFan
記事名:「 アーロン・プレシンジャー選手が自身初のチャンピオンを獲得