続々と撤去されているレーダー式オービスの流れに沿って、秋田市内の国道7号上下線を捕捉していたレーダー式オービスがついに姿を消した!

信号直後の飛び出し狙いが危険だったR7北行きのオービスも撤去。(秋田市寺内)

☆撤去オービスデータ

1.

場所:秋田県秋田市飯島寄進田

道路:国道7号線

キロポスト:-

機種:R型(レーダー式)

方向:南行き



2.

場所:秋田県秋田市寺内後城

道路:国道7号線

キロポスト:-

機種:R型(レーダー式)

方向:北行き



秋田県を南北に貫く国道7号線。能代-由利本荘間に5機のオービス(内4機はR型)が設置され、オービス銀座とも言われていたが、秋田市内の3機のR型オービスの内、2機が、撤去された。



っこれで秋田県の一般道のオービスは5機に(潟上市天王町県道56号上下線のHはダミー)。その残りの5機もR型3機、H2機という布陣だけに、このままではいずれ一般道からオービスが消えてしまうことになる。果たして生活道路へその拠点が移されるのか。目が離せません。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 速報! 秋田市内のR型オービス2機が消滅!【交通取締情報】