本日4月14日お台場で開催中のモータースポーツジャパン2018。モータースポーツファン垂涎のコンテンツ盛りだくさんの会場の様子を現地からレポート!

TEXT & PHTO◎石川順一

MOTOR SPORT JAPAN2018 GT500ピット作業 日産編

会場の特設コースではレクサス、日産の2大メーカーがスーパーGTマシンのピットスピードを競うコンテストを開催。会場では本番さながらの激しい走りでピットインするマシンと真剣に作業をするピットクルーの動きに熱い視線が注がれていた。



ルールはいたって簡単。各メーカー2回のチャレンジでより早い記録を出せたほうが優勝となる。



最初のチャレンジは日産から。普段からMOTUL GT-Rを整備するピットクルーということもあり、かなりの手際で作業が進んでいく。ところが、左リヤタイヤの交換でもたついたためか、記録は伸びなやみ31秒44と若干遅め。再発進したGT-Rはその結果に満足しないかのように荒々しい走りを見せていた。

MOTOR SPORT JAPAN2018 GT500ピット作業 GAZOO RACING編
続くレクサスはGAZOO RACING

情報提供元:MotorFan
記事名:「 スーパーGTの行く末を占うレクサスと日産のガチンコ対決!?SUPER GT Pit Stop Contest MOTOR SPORT JAPAN2018