ホンダは4月19日(木)から4月21日(土)まで、インテックス大阪で開催される総合福祉展「バリアフリー2018」にて、同日発表となるN-BOXスロープ仕様の市販モデルを初展示するほか、さまざまな福祉車両・福祉機器を展示すると発表しました。

2017年度新車販売台数第一位を獲得したN-BOX。新開発のプラットフォームによって実現した広い室内空間を活かしたスロープ仕様では、車いすに乗ったまま後席に乗車できる「車いす乗車モード」に簡単な操作で切り替えが可能になっています。荷室の床を引き出すとそのままスロープになるほか、手すりをワンタッチで設置できるなど、N-BOXの低いラゲッジ開口高をはじめとした特徴を活かし、車いすの方、介助する方、双方にとってシンプルな使い勝手を実現しています。



ホンダブースでは、そのほかにフリード+やステップワゴンなど、それぞれのベース車両の特徴を活かした福祉車両のラインナップを取り揃えているほか、歩行能力が低下した方のリハビリ補助を目的とした「Honda歩行アシスト」や、障がいを持つ方の自動車運転再開に向けた能力評価サポートなどを目的とした簡易型型四輪シミュレーター「Hondaセーフティナビ」を体験できるコーナーを設けています。

ステップワゴン車いす仕様車
フリード+車いす仕様車


情報提供元:MotorFan
記事名:「 N-BOXスロープ仕様を「バリアフリー2018」にて初展示