Marvellは、業界初の88Q5050 セキュア車載イーサネット スイッチを、自動運転向けNVIDIA DRIVE Pegasus プラットフォームに統合したことを発表した。コアにエンベデッド セキュリティを搭載するソリューションの商品化は市場初。

Marvell のセキュア スイッチは、センサー フュージョン、カメラ、機能安全、そして診断をサポートする車載ネットワークを自動車 OEMが提供するためのマルチギガビット アプリケーションに対応している。Marvell のエンベデッド セキュリティ技術は、安全でシームレスなドライブ体験を損なうサイバー攻撃から自動車を守る。



NVIDIA DRIVE Pegasus コンピューティング プラットフォームは、レベル 5 の自動運転車用に設計されており、毎秒 320 兆を超える演算処理能力がある。このプラットフォームは、ディープ ラーニング、センサー フュージョン、サラウンド ビジョンを組み合わせて、車両周辺の状況をリアルタイムで把握する。Marvell 88Q5050 レイヤー 2 マネージドセキュア IP スイッチは、次世代のコネクテッドカー向けに迅速で安全なデータ送信を可能にしている。



車載イーサネットは、増え続けるサイバー犯罪のリスク増大に対処するために専用に設計されたもので、コントローラー エリア ネットワーク (CAN) など、これまで車載用に使用された接続プロトコルよりも安全性を確保している。業界をけん引する Marvell 88Q5050 ソリューションは、ディープ パケット インスペクション (DPI) エンジンとセキュアブート機能の採用により、堅牢なセキュリティレベルを提供。さらにこのスイッチでは、全てのイーサネットポートにおけるアドレスのブラックリストとホワイトリスト双方のサポートをしており、特に DoS 攻撃に対するセキュリティが強化されている。



Marvell イーサネット スイッチ ソリューションは AEC-Q100 適合で、業界の厳格な基準を満たし、過酷な自動車での使用環境でも優れた耐久性を発揮する。1000BASE-T1インターフェースと複数の内蔵 100BASE-T1 PHY をサポートしており、すでに発表済みの Marvell 88Q2112 1000BASE-T1 PHY との接続も可能。



「88Q5050 は、 Marvell の車載用有線および無線ネットワーク向けの最新製品で、車両内外におけるデータ ストリーミングに対する悪意ある攻撃や障害を防ぐように設計されています。Marvell は、イーサネット IP に関する 20 年以上の経験を持っており、 NVIDIA社 との提携により、当社の自動車関連技術における革新性と先進性に対する責務を引き続き果たしています。Marvellは自動車の将来性にとても期待しており、車載インターネットの採用が加速されるよう幅広い自社技術の応用を推進して参りたいと思います」と、Marvell の営業マーケティング担当副社長である Thomas Lagatta 氏は語っている。



「NVIDIA DRIVE は、自動車メーカー、ティア 1 サプライヤー、そして新興企業が自動運転車の生産を加速することを可能にします」と、NVIDIA ハードウェア開発担当の上席副社長である Gary Hicok 氏は述べている。また、「Marvell のイーサネット スイッチ新製品では、マルチギガビットのデータを取り扱うことができる堅固なセキュリティ 能力を加え、サイバー犯罪のリスクに対処しています」とも述べている。



「コネクテッドカーはより自動運転に近づくにつれて、膨大な量のデータが生成されると同時に新しいタイプのサイバー攻撃に対して次々と晒されることにもなります。 マーベルは、イーサネット技術に豊富な歴史を持っており、自動車産業の未来を形作る革新的な技術を市場に投入することに新たに焦点を絞り、その技術を強化しています。マーベルの88Q5050車載ギガビット・イーサネット・ソリューションは、安全で信頼性の高い広帯域データ伝送を車両内で実現できる技術を提供しています」とStrategy Analytics社のIan Riches氏は述べている。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 Marvell:業界初のセキュア車載イーサネット スイッチをレベル 5 自動運転車向け NVIDIA DRIVE Pegasus プラットフォームに統合