ボッシュは、革新的な研究開発、トレンドのキャッチやベンチャー企業への投資を実現するために、敷地を広げ、職場環境の魅力をアップ:ボッシュはシリコンバレー地域のサニーベールに、より広い土地を確保し、そこに技術研究センターを移転した。

同センターはこれまで、サニーベールから約15km西方に位置するパロアルトに置かれていた。この新センター開設のために、ボッシュは約3,600万ユーロ(約4,000万米ドル)を投入した。



センターの開所式に際し、ボッシュ北米社長のマイク・マンスエッティ氏は、「私たちはすでに約20年前からこの地域で地歩を固めています。地域の研究団体や企業とも良好な関係を築いていますので、今後はシリコンバレーの状況をより正確に把握しやすくなるはずです」と述べた。



新センターの開設により、約200人の従業員が初めて同じ屋根の下で働くことになる。センターのスペースは全体で40%増の約1万㎡におよび、最大300人がここで研究に従事できる。



開所式において、「ボッシュのグローバルな研究ネットワークの一環としてシリコンバレーで働く従業員たちは、基礎研究から市場に対応したソリューションまで、センサー技術やネットワーク化した自動運転車両といった分野の画期的な製品やソリューションの基盤を築いてきました」とセンター長のHauke Schmidt氏が述べているように、サニーベールで働く従業員の約半数は、データマイニング、センサー、AI、自動運転などの分野のプロセスやソリューションの開発につながる基礎研究や先端エンジニアリングに携わっている。



センターの建物は10年契約でリースされ、ボッシュの9つの事業部のエンジニアリング事業の本拠地となり、ここで働く従業員は、研究成果を展開可能なソリューションへとシフトし、トレンドをキャッチするために尽力することになる。なお、同センターには、開発のあらゆる段階で世界中の革新的なスタートアップ企業に投資する、ボッシュ・グループ傘下のRobert Bosch Venture Capital GmbHのオフィスも置かれている。



センターの設計には、従業員たちの意見がさまざまな形で活かされている。同センターには近代的なラボ、ワークショップやオフィスのほかに、アイディアを掘り起こし、職場の人たちとの対話、また地域の提携ビジネスパートナーや研究パートナーとの対話を通じてそのアイディアを発展させ、想像力をさらに飛躍させることができるアウトドアエリアなど、協働と独創力を生み出すスペースも設けられている。

長年にわたり米国とシリコンバレーで活動を展開

ボッシュは1906年に米国に進出し、現在は約1万8,000人の従業員が米国で働いており、そのうち2,000人以上が研究開発に携わっている。ボッシュは米国の市場の可能性に大きな期待を寄せ、継続的な投資を行っている。2013年から2017年までに総額で約13億ユーロを米国に投入していることからも、その期待の大きさを伺い知ることができる。



その投資には、チャールストンとアンダーソンにあるモビリティ ソリューションズ事業部傘下工場の拡充のための費用も含まれている。シリコンバレーの技術研究センターは、ボッシュが欧州以外に置いた初めての研究施設で、1999年にわずか3人の従業員とともにスタートした。ボッシュは米国で研究開発活動を展開するにあたり、スタンフォード大学やカリフォルニア大学バークレー校といった米国の有名大学と長年にわたり提携関係を構築しているほか、ピッツバーグのカーネギーメロン大学の近隣やボストンのマサチューセッツ工科大学(MIT)の真向かいにも事務所を設置している。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 ボッシュ:新たな技術研究センターを米国シリコンバレーに開所