30系後期 ALPHARD & VELLFIRE D-UP最新案内

【AERO PARTS】ROWEN JAPAN PREMIUM[ロェンジャパンプレミアム]

VELLFIRE.Z エアログレード

深くキレのあるダクトをたっぷりと盛り込み、立体的で攻撃的な、誰が見てもそれだと分かるいかにもロェンらしいスタイルが継承されたヴェルファイア後期。
その基本路線は従来から変わらないが、実はこのエアロからひとつ、新しい試みが投入されている。
それがフロントコーナーボトムに埋め込まれた、スポット状の4連LED。

このLED、これまでよりも光量が大きく、専用のリレーキットを活用すれば、流れるウインカーとしても発光するし、デイライトとして使用することもできるというスグレモノ。
今後のロェン製エアロにはこの新型LEDが搭載される予定で、いわば新生ロェンの象徴としても注目だ。エアロはハーフ形状だが、ロェンらしいアグレッシブなデザインで、変化度絶大なのも魅力満点。


開口部へ向けてツノを突き上げたり、鋭いダクトをいくつも連ねたり。ハーフ形状と思えないアグレッシブさ、インパクトが魅力。


エンブレム奥の純正センサーを生かすカタチで、純正に貼り付けて装着できるフィンタイプグリル。純正ミリ波レーダーも設置可能な構造。


純正パネルと交換することで、躍動感あふれるアイキャッチを増設できるリアコーナーパネル。視覚的なワイド感を強める効果も。


抑揚感たっぷりでスポーティさ満開なリアウイングは、腰下エアロに負けない攻撃力を発揮。左右の翼端板部にはロゴプレートも。


立体的な凸型プレスと、キレ味鋭いダクトとを組み合わせたリアも刺激的。左右4本出しのエキゾーストがあれば、高級感も上々。


サイドは純正に被せて装着する方式。立体的かつ大きな流線形プレスが刻まれるなど、こちらも躍動感満点。ボリュームも適度だ。


ロェンの刺激的なエアロに似合う意匠にこだわって開発された、ロェン初のオリジナルホイール。複雑な造形、立体感が刺激満点。


フロントスポイラーに付属される新型LEDは、今後開発されるロェン製エアロにも投入を予定。従来よりも光量が大きく、専用リレーを使えば減光も可。ウインカー時には光が流れ、デイライトとしても活躍。

Specification

  • フロントスポイラー:7万2000円(8万6000円/9万6000円)
  • サイドパネル:7万5000円(9万5000円/10万5000円)
  • リアハーフスポイラー:5万5000円(7万2000円/8万2000円)
  • 上記3点セット:20万円(25万円/28万円)
  • サイドアンダーエクステンション:6万円(8万円/9万円)
  • フロントグリルVer.Ⅱ:5万4000円(6万8000円/7万4000円)
  • リアコーナーパネル:3万6000円(4万6000円/5万2000円)
  • リアウイング:6万8000円(8万6000円) 10万8000円(12万6000円)※カーボン仕様
  • マフラー:プレミアム01S 13万2500円〜20万6500円
  • ホイール:ロェン・フレイムRRS001 21×9.0+35 7万2000円
  • タイヤ:245/35-21
    ※(  )内は塗装済み価格/2色塗り分け済み価格

情報提供元:ドレナビ
記事名:「トヨタ・30ヴェルファイア後期。新型LED搭載でさらに未来的に、個性的に。らしさ全開の躍動スタイル|ロェン