なぜアゲるのか-それは今どきでカッコイイから

KADDIS EXTREME FORESTER[SJ5] カディス エクストリーム フォレスター

メイン画像

5インチUPのタフギアstyle

いま、アメリカの西海岸で一大ムーブメントを巻き起こしているのが、カリカリにチューニングされた4×4マシンのエッセンスを採り入れた、オシャレなアゲ系スタイル。ほど良く車高をアップさせた足まわりには肉厚なオフ系タイヤを組み合わせ、ヘビーデューティーな外装パーツと共に腰高感を払拭させるのが定番だ。もちろん日本国内でもアンテナをビンビンに張り巡らせているメーカーやショップが手がけ始めており、次世代のトレンドを担うであろうコンセプトを内包したデモカーが注目を集めている。ローダウンと対極にあるアップスタイルとは、どんなものか。最前線を先取っていこう!!

一世を風靡したクロカンブーム時代から最先端をひた走り続けるロードハウスが、昨今のSUVムーブメントにシンクロさせ起ち上げた新鋭ブランド「カディス」。これまで蓄積してきた質実剛健、ガチの四駆ノウハウと共にUPスタイルに求められるアイコンをオリジナル商品として提供している。

今春、東京オートサロンではチョイ上げスタイルの「AR4」に続き、よりタフネスギアとしての魅力を高めた5インチUPの「エクストリーム」を初披露。車高をUPさせるだけでなく、同時にWIDE化も実現することでルックスと走行性能の安定化も図られている。

メイン画像2

メイン画像2-2

6ホールのディッシュデザインにミーリング加工を施したブラッドストックは、クロカン全盛期から不動の人気を誇る逸品。AR4オーバーフェンダーはフロント25ミリ、リア20ミリの拡幅化を実現してホイール&タイヤの選択肢を広げてくれ、これに街乗り対応BFグッドリッチのオールテレーンタイヤをフィッティングさせる。

サブ画像1

サブ画像2

ノーズ先端に装着されるファイバープロテクションはFRP製ながら鉄骨フレーム入りでフォグランプもガッチリ支持。サイドステップはドア開口時の乗降性まで考慮されたデザインを採用する。

サブ画像3

取り付け車種を問わない汎用のルーフレールラックにはIPF製のLEDライトやライトバーを増設。オレンジ色でペイントされたオプションのディフレクターが劇的に風切り音を軽減させる。

サブ画像4

中央にハイパフォーマンスSUBARU車を彷彿させるインテークを配置したターボ対応エアロボンネット。

サブ画像5

ちょっとした砂利道やぬかるみ道を走り抜ける時、ボディに対する小キズ防止に役立つマッドフラップ。

SUSPENSION

サブ画像6

サブ画像7

サブ画像8

純正のショックアブソーバーはそのままにスプリングのみを交換するアップコイルで1インチ(約2.5センチ)、シャシーと足まわりの間にブロックを噛ませるボディアップキットで4インチ(約10センチ)の2系統で計5インチのUPスタイルを実現している。

EXTERIOR
AR4オーバーフェンダー 5万8000円
ファイバープロテクション 近日発売予定
エアロボンネット 9万8000円
ルーフレールラック(汎用タイプ) 10万8000円
マッドフラップ(プレミアムオレンジ) 2万6000円
サイドステップ(ナナロクサンブラック) 8万8000円
ドアハンドルプロテクター 3000円
SUSPENSION
ボディアップキット4inch 25万円
アップコイル1inch 4万5000円
TUNING
スペシャルステンレスマフラー 参考出品
スロットルスペーサー 1万3000円
TIRE&WHEEL
ブラッドストック(16×7.0+15) 3万5000円
BFグッドリッチ・オールテレーンT/A KO2(255/70-16)

ライトに1インチUP

ライトに1インチUP

こちらは「エクストリーム」ほどハードなスタイルを求めないユーザーへ提案する1インチ(約2.5センチ)UPスタイルを実現する「AR4」バージョン。いわゆるローダウンサスの代わりにアップコイルを組み込んだチョイ上げスタイルだ。

ライトに1インチUP2

エクストリーム仕様とアップコイルとオーバーフェンダーは同一ながら、ボディアップキットの有無とタイヤサイズで差別化を図っている。

SUSPENSION
アップコイル1inch 4万5000円
TIRE&WHEEL
ブラッドストック(16×7.0+15) 3万5000円
BFグッドリッチ・オールテレーンT/A KO2(235/70-16)

(スタイルワゴン18年4月号)

情報提供元:ドレナビ
記事名:「タフギアstyleという名の 5インチリフトアップキット生誕! スバルSJフォレスター