カバーだけで顔付きがガラリと変わる!

【貼るエアロ】という提案

メイン画像

左右にバンパープロテクターを装着することでボリュームをアップ。貼るだけでバンパーを換えたかのような激変ぶりを味わえるのだ。

ハーフからフルバンパーまでエアロと展開するバタフライシステムが、新しい展開を仕掛けようとしている。50プリウスで見せた【貼るエアロ】とは。その真意を探ってみた。

ここ最近のエアロのトレンドというと、バンパー下にアドオンするフラップタイプか、ビッグハーフと呼ばれるフォグまわりまで造形したハーフエアロ。そこに新たな選択肢を加えたのが、福岡県のエアロメーカー・バタフライシステムだ。

バタフライシステムといえば、ハーフタイプの【グランツ】とフルバンパータイプの【黒死蝶】を擁する人気エアロメーカー。これまでの流れを踏まえれば、50プリウスにもハーフタイプのグランツを設定し、その後、フルバンパーの黒死蝶を開発ということになるのだが、今作はひと味違うアプローチで攻めてきた。

それが【貼るエアロ】だ。「もともと、50プリウスに乗っているオーナーから『プリウスも新型PHVみたいな顔になればいいのに』という声があったんです。ただ、普通に作るとバンパータイプのエアロになってしまう。そこで、メッキのガーニッシュのように貼るだけでOKなものを作れないかとスタートしたのが、今回のバンパープロテクターなんです」と代表の荒巻さん。

その言葉を借りれば、50プリウスに向けて開発されたバンパープロテクターは、まさにデザインされた大きなカバーだ。このパーツの一番のメリットは、取り付けが簡単なこと。基本的には両面テープでの固定のみでOKなので、塗装済みを購入すればDIYで取り付けができる。また、バンパーやハーフエアロと異なり、商品が小さいので送料も安く済むというメリットもある。

デザイン的には、バンパーのコーナー部分にボリュームをもたせ、開口部風の意匠を取り入れていて、新型プリウスPHVのような顔付きに変貌できるのが最大の特徴。それでいて、極力純正感を損なわないようにしているので、クルマに詳しくない人でも取り入れやすいよう配慮されている。「現状はプロトタイプなので、スポット状のデイライトを加えるなど、これから細かい部分を詰めていきますが、ベースはこの形状で発売予定です」。

純正

純正

フロントフラップ

フロントフラップ

写真左は、ここ最近トレンドになっているフラップタイプのエアロを装着した状態。もちろん、バタフライシステムが50プリウス用に発売を予定している商品のひとつ。上の純正とは異なって見えるものの、やはり物足りなさを感じてしまう。

この部品の正体は?

この部品の正体はー?

一見しただけでは、どこにどう装着されるかが分からないけど、これが新たな提案となるバンパープロテクターだ。

Butterfly System

50プリウス用パンバープロテクター

SPECIFICATION
フロントバンパープロテクター
フロントフラップ
サイドフラップ
リアハーフスポイラー
専用LEDレッドレンズ
リアバイザー
リアウイング
足まわり/ボルドワールド・アブソリュートDSネクスト
ホイール/ワーク・シュヴァートクヴェル(19×9.0)
タイヤ/ニットー・NT555G2(225/35-19)

STYLING CHECK

純正

純正

純正2

フロントフラップ

フロントフラップ

フロントフラップ2

フロントフラップ+バンパープロテクター

バンパープロテクター

バンパープロテクター2

サイド&リアまわりも開発中

サイド&リアまわりも開発中

サイド&リアまわりも開発中2

フラップ状のデザインを採用したサイド。前後にアクセントを設けたデザインで、取り付け方で出し幅の調整も可能。

サイド&リアまわりも開発中3

中央の大型ディフューザーデザインに加え、左右にフィン状のアクセントを入れたリア。フィン部分はレス仕様も検討中。

サイド&リアまわりも開発中4

リアウインドウ上部に装着するリアバイザー。シンプルなデザインで、いろいろなドレスアップスタイルに合わせやすい。

サイド&リアまわりも開発中5

リアバイザーと比較して、大きめの意匠が与えられたリアウイング。ボリュームがあるので迫力のあるリアビューを演出できる。

サイド&リアまわりも開発中6

足元には新生シュヴァートから登場したクヴェルを合わせる。鋳造の限界を超えた芸術的な意匠に注目したい1本。

(スタイルワゴン2018年3月号より)

情報提供元:ドレナビ
記事名:「カバーだけで顔付きがガラリと変わる「貼るエアロ」トヨタ・50プリウス用|バタフライシステム