目指すライフスタイルをカタチに

B9 Tribeca

OUT DOOR×CAR SHOW アウトドアシーンとイベントの両立

スバルの国内モデルラインアップではレガシィが最上位モデルに君臨しているが、北米市場では更にスケールのでかいフラッグシップが存在していた。
それが2005年にレガシィのプラットフォームをベースに開発され、マイナーチェンジを経て2014年まで製造されたクロスオーバーSUV、B9トライベッカだ。

北米スバルがライバル他社の多人数乗りSUVに対抗すべく満を持してリリースしたトライベッカは、お家芸のフルタイム4WDはもとより、航空機モチーフの「スプレットウイングズグリル」を採用。
その個性的すぎるフェイスデザインによって評価が二分してしまった感は否めないものの、一周まわった現在では独創的でアイデンティティを確立したオンリーワンな存在と言えるのだ。

そんなトライベッカをファミリーカー兼、釣りやスノーボードの趣味グルマとして愛用しているのがmentaさん。
と同時にカーショーなどのイベントにも積極的に参加して、トライベッカの存在を世間一般のギャラリーに知らしめて楽しませている。

とは言え、カスタムのコンセプトは頑なにシンプルイズベストで、主な変更点はエアサスの導入とこだわりのスチールホイールのマッチング。
あとはルーフキャリアやヒッチメンバーの追加など、遊びにまつわる実用性を向上させているのみ。

理想的なスタイルに辿り着いた今、今後の課題はコンディションのキープ。
まずは負荷のかかるミッションにATFクーラーを増設して様子見するとのこと。
その愛車への情熱に頭が下がります。

ちなみにトライベッカ亡き今、北米スバルのフラッグシップは3列シートSUVのアセントが受け持っている。
見た目はひとまわり大きいフォレスター然としており、R1やB9トライベッカほどの個性的であるとは言い難い。

明日紹介するSVXしかり、90年代からミレニアムにかけてのSUBARUデザインはブッ飛んでいたのだ。

Specifications

BASE CAR ● B9 Tribeca
WHEEL ●ダイヤモンドレーシング(16inch)
TIRE ●ブリヂストン(205/65)
EXTERIOR●ルーフキャリア=スーリー、ヒッチメンバー=カート
TUNING●エアサス=エアランナー(ワンオフ)
製作ショップ:レクソン

OWNER mentaさん

長年スバル車を乗り継いできたというmentaさんは、スバル車の乗り心地がカラダに染み付いているんだとか。

クルマも趣味も本気で!!
バスフィッシングの道具にもこだわりを持っており、あえてオールドスクールなギアを探し出しては手入れして愛用している。

いまはドレスアップよりもメンテ重視これからも大切に乗っていく

アメリカンナイズなカップホイール

ダイヤモンドレーシングの鉄ちんホイールは16インチの小径タイプで、扁平率の高いタイヤを組み合わせてパツパツ感を演出。
リムはクロームだが、ディッシュ部分は錆止め処理が施されている。

アウトドアシーンでも活躍できるエアサス


Max Up

While Running

Max Low
エアサスの美点はTPOに合わせて好みの車高を瞬時に再現できるところ。
当トライベッカはACC製エアーランナーをワンオフ装着する。


何かとお世話になっているという製作ショップの「レクソン」がセットアップしたエアーランナーはスマホアプリからのコントロールも可能。

エアーを圧縮するコンプレッサーもラゲッジ下の小物入れスペースを有効活用してインストレーション。

エアサスに必須のエアタンクは積載性を損なわせないため、フロア下に吊り下げるカタチでセットアップ。

デイライト機能付きヘッドライト


B9トライベッカのヘッドライトはロービームを減光することでデイライトとする変わり種スタイルを採用。
LED全盛の現在ではちょっと考えられない装備と言えそう。


ルーフキャリアに関しては欧州THULEを組み込んでいるのだが、実はこれBR9レガシィ用の製品を流用しているのだとか。

リアバンパー下部にはアメリカCURT社のヒッチメンバーを組み込んで常時、牽引できる状態をキープしている。

リアのウインカーはアメ車よろしくウインカーも赤色で点滅。
車検時にはアンバー(オレンジ)色のLEDを組み込めばOKなのだ。

プラマイゼロのインセットでホイールは攻めたセッティングだが、引っ張りタイヤのおかげでフェンダーのツメなどはノータッチで干渉回避している。

ブラックとベージュを基調としたツートンカラーのコクピットは、非常に開放感あふれるデザインとなっており古臭さも感じさせない。

左右独立タイプのエアコンダイヤルは中央に液晶ディスプレイを内蔵しておりお約束の華氏表示。

ダッシュボード中央にはFRPでワンオフ製作された2DIN用パネルを設置してナビゲーションを装着している。

mentaさんの愛車遍歴

フォレスター、プレオRS、インプレッサ、サンバー、レガシィetc…トライベッカを含めて総勢7台のスバル車を乗り継いできたmentaさん。
過去の愛車は基本的にDIYでカスタマイズを施してきたのだとか。
SUBIE好きとしての年季が違うんです!!

 

SUBARU Style Vol.4 (2019/9/30)より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「【フラッグシップ・スバル温故知新】スバル・B9トライベッカを国内で乗りこなす