これまたカスタム人気は間違いなく高い!
内外装を一新させたマイナーチェンジ

TOYOTA/HILUX
トヨタ/ハイラックス(GUN125 後期)

新型 ハイラックス トヨタ 新車 GUN 125 後期 マイナーチェンジ カスタム
トヨタ・ハイラックス(GUN125後期)_Zグレード(オキサイドブロンズメタリック)

8月19日、以前より8月中ではとウワサがささやかれていたハイラックスがマイナーチェンジをした。生産工場は変わらず、トヨタ・モーター・タイランドのバンポー工場だ。ハイラックスは、2017年に13年振りに日本国内へ再投入されたピックアップトラック。国内販売されていない期間も世界的にはカスタムベースやビジネス需要で人気を得ていたクルマだ。

そのハイラックス、再投入された際は年間目標販売台数が2000台と、かなり控えめだったが、今回のマイナーチェンジでなんと倍以上の4800台! それだけ国内での反響が大きかったということだろう。

マイナーチェンジの内容は内外装多岐に渡る。

まずは見た目。前期型はボディサイズの大きさには驚いたが、デザインは比較的シンプル。スラッとした印象だったが、後期型ではまずフェイスの厳つさが断然違う。北米で人気のピックアップトラック、タコマに似たフェイスを手に入れ、いかにもタフで力強い。

バンパーガードガーニッシュは日本専用。よりアクティブでスポーティな印象となり、アウトドアではもちろん、街中でも泥臭さはなく、お洒落な雰囲気だ。

トヨタ・ハイラックス(GUN125後期)_Zグレード(ダークブルーマイカ)

内装では、下位のXグレードにもオプティトロンメーター+4.2インチTFTカラーマルチInformationディスプレイを採用。メーターリングのメッキ化も加えるなど、タフかつ上質な雰囲気に仕上がっている。

ボディカラーは、新規でオキサイドブロンズメタリック、ダークブルーマイカを追加し、全5色を設定する。

2019年6月の一部改良で加わった、夜間の歩行者と昼間の自転車運転者にも対応したプリクラッシュセーフティや、逸脱抑制を行うヨーアシスト機能付きレーンディパーチャーアラート、ブレーキ制御を備え追従走行が可能なレーダークルーズコントロールはもちろん装備。さらに、静止物の接近を表示とブザーで知らせるクリアランスソナー&バックソナーを新たに標準装備した。

さらには、燃費も向上。エンジン自体は2.4Lディーゼルターボと変わらないが、エンジン改良&アイドリングストップ機能の追加によりJC08モードでは11.8km/Lから13.6km/Lと、15%以上の燃費向上を実現している。

他にもサスペンションの改良やVFC(パワーステアリングのオイル流量を制御する機能)の追加により、操縦安定性と乗り心地の向上、ZグレードにはオートLSDと変更点はかなり多い。

ぜひ乗ってみたい1台だ。

「【年間2000台から4800台へ】国内のピックアップ人気を裏付けるハイラックスのマイナーチェンジ! USタコマ顔がタフで渋すぎる!」の1枚めの画像トヨタ・ハイラックス(GUN125後期)_Xグレード(アティチュードブラックマイカ)

「【年間2000台から4800台へ】国内のピックアップ人気を裏付けるハイラックスのマイナーチェンジ! USタコマ顔がタフで渋すぎる!」の1枚めの画像トヨタ・ハイラックス(GUN125後期)_Zグレード(スーパーホワイトⅡ)

「【年間2000台から4800台へ】国内のピックアップ人気を裏付けるハイラックスのマイナーチェンジ! USタコマ顔がタフで渋すぎる!」の1枚めの画像Zグレード(アティチュードブラックマイカ)

【SPECIFICATION】

グレード エンジン 駆動方式 ミッション 価格
Z 2GD-FTV(2.4Lディーゼルターボ) 4WD スーパーインテリジェント6AT 387万6000円
X 347万1000円

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部_霜田奈緒]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「【年間2000台から4800台へ】国内のピックアップ人気を裏付けるハイラックスのマイナーチェンジ! USタコマ顔がタフで渋すぎる!