PickUp AIR SUSPENSION VOL.2

別タン式ショックで超快適

AIR FORCE JAPAN/エアフォースジャパン

次世代エアサスをコンセプトに掲げるエアフォースジャパンの、新たな一手はリザーバータンク付き。極上の快適性を手に入れたキットは、まさにエアサスの新時代の幕開けに相応しい。

エアサス ローダウン エアフォース グランエース カスタム サスペンション
エアフォースジャパン/グランエース

エアサスの乗り心地をさらによくするために
エアサスメーカーとしては比較的新しいエアフォースは、当初より次世代をキーワードにしたキットを手がけてきた。

同社の人気モデル、スーパーパフォーマンスキットを例に挙げると、簡単インストール、デジタルコントロール、そしてワイヤレスリモコンを採用。エアサス導入の敷居を下げるパッケージは、基準になる素養を秘めた、まさにエアサスのネオスタンダードだ。

そして、エアフォースが次なる手として採用したのが、リザーバータンク付きショック、通称・別タンの採用だ。

レーシングマシンやスーパーカー向けの超ハイエンド車高調に採用されている別タンを、エアサスに採用したことによる恩恵は、何もサーキットや峠を速く走るためのものではない。

トヨタが東京オリンピックでの要人送迎を見据えて送り出したグランエースのように、快適な乗り心地を求めるクルマにこそ、別タンが活きるというわけだ。その理由は、別タンクにオイル室を委ねることでショックのストローク量が増えること。

実際、別の機会に試乗した30アルファードの乗り心地は、車格が上がったようなしっとりとした上品なものだった。

常に新しいエアサスを模索するエアフォース。次にどんな手を見せてくれるのか気になる、まさに次世代のエアサスメーカーである。

装着エアサス
DIAMOND KIT/ダイヤモンドキット

エアフォースジャパン/ダイヤモンドキット

【PARTS SPECIFICATION】
対応車種:ミニバン&SUVほか多数
全長調整機能:○
減衰力調整:伸び側36段階/縮み側24段階
価格:50万円~(サスのみは45万円)

フロント

リア
ショックにリザーバータンク、通称、別タンクが装備されているのがダイヤモンドキットの特徴。伸び側と縮み側の減衰力を別々に調整できるのもポイントで、よりキメ細かな乗り味のセッティングを可能としている。

キットのコンプレッサーは1基だが、デモカーにはコンプレッサーを2基搭載して、エアの充填スピードをアップ。
全下げ時、ラテラルロッドが干渉するため、専用バンプラバーで回避。
車高をワイヤレスリモコンでコントロールできるのも魅力。メモリ機能を活用すれば、走行車高や全上げなど、ボタンひとつで瞬時に希望の車高を合わせられる簡単さも特筆モノ。

構造変更に必要な書類を同梱
エアサスに交換したら構造変更が必要。エアフォースでは申請に必要な書類がセットになっているのがうれしい。

MAX UP

RIDING HEIGHT

MAX DOWN
ダイヤモンドキットでも、基本的な車高調整幅は変わらない。グランエースの場合は、フレームなどの形状により、リムかぶりまで下げられない。とはいえ、グランエースのキャラクターを考えると、乗降性を高める意味でエアサスによる恩恵を受けることができる。

エアフォースジャパン/グランエース

ホイール/スーパースター・ピュアスピリッツサフォーク(20×F9.0+33、R9.0+32)
タイヤ/(245/35-20)

問:エアフォースジャパン 0467-50-2000
https://www.airforce-sus.jp

情報提供元:ドレナビ
記事名:「【エアサス4大ブランドVOL.2】低さと便利さを兼ね備えた究極のローダウンパーツ/エアフォースジャパン