[PR]

ホンダ車を積極的に扱ってきたノブレッセですが、フィットは過去3世代、すべてにアイテムを設定してきました。

シャチョーのイチローさんもフィット好きなようで、当然4世代目モデルも購入、アイテム開発をスタートさせるようです。

まずはクルマをしっかりチェックした上で開発をスタートします。

それでは外観からチェック! ちなみに今回も、主役はayaちゃんではなく、イチローさんのようですよ。

「まあまあカワイイんだけど、安っぽさが感じられない」とイチローさん。

カメラを持ち(?)、声だけ登場のayaちゃんは「外車っぽく見える。品のある感じ」と言います。

ふたりとも高評価で、特にイチローさん、デザイン面を気に入っているのが表情から伝わってきます。

見晴らしがよいのも気に入ったようで、「乗っていると電車。一番前のビューの……、何って言ったらいいの!?」。

先頭に展望席がある電車のよう……なのかな。

「視界を邪魔するものがない!」とayaちゃん、適切なコメントをしてくれましたよ。

デイライトが明るくて、とても現代的なクルマという印象も受けたようです。

海外ではビカビカビカ~というデイライトは当たり前のようですが、日本はちょっと控えめが普通。

被視認性に影響するワケですから、イチローさん、明るい方が良いと力説します。

実際走らせてみます。

確かに明るく、“クルマが来る”というのがハッキリと判りますね。

「動いている方がカッコ良く見える!」とayaちゃん。

「よろしいでごす」と不思議な日本語を発してみたり。

後から見てみます。

「イイ感じだよね」とイチローさん。

牽引フックが黒くなっていて目立たない点にも注目!

アンテナも目立たないようにされていてイイ感じです。

給油口のカタチは不思議で、開け方も不思議です(一般的な日本車のソレとは違います)。

ホイールもチェック!

ホール数、重要ですよね。

キャップ、外してみます。

P.C.Dは100で4穴っぽいですね。

クルマのボディラインで言うと、Aピラー部分のデザイン処理も凝っています。

「めちゃめちゃこだわってますよね」とayaちゃん。

「のっぺり感がないよね」とイチローさん、「立体的で、色が映えますね」とayaちゃん。

会話が進んでいきますよ。

ちなみに内装のチェックは、また別の機会に。


ウインカーは「フロントはLED、リアは白熱球」であるとイチローさんが指摘。

フロントのウインカーは、レンズ面にラインとプツプツがあり、夜になったらそこも仄かに光りそうです。

ヘッドライトはオートでハイビームになったり……。

テールランプは、チューブランプっぽくてカッコいいですね。

テールランプのウインカーは、フロントとは違い白熱球でした。

バックランプも白熱球、ではライセンスランプはどちらでしょう?

「ワタシは白熱球!」とayaちゃんが予想。

でも残念、LEDでした。

イチローさんが注目したのはヘッドライト。

新型フィットのヘッドライトは、オートライトが基本なんです。

強制ONにしても、鍵をロックすればきちんと消灯してくれます。

コレなら点け忘れもないし、消し忘れでバッテリー上りを心配することもないですね。

「結構最新型のクルマだね」とイチローさんは結論付けます。

外観も、ライト類の機能面も高い評価を下したみたいですよ。

そんなイチローさん絶賛(ayaちゃんも悪い気はしていないようですが)のフィット、どんな風に変わっていくのか?

ボクたちも見守っていきましょう!

 

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ_小松ひろ]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「ホンダエキスパート「イチロー」4世代目モデルのディテールをチェック!|GR フィット エアロ カスタム|ノブレッセ