個性的で実用的で装備も充実
6年ぶりのフルモデルチェンジ


MITSUBISHI/eK X space & eK space
三菱/eKクロススペース/eKスペース 型式 2WD=B34/35 4WD=B37/38


三菱 新型車 EKスペース EKクロススペース 新車レポート
三菱が日産と共同開発した軽スーパーハイトワゴンのeKスペースがフルモデルチェンジ。

先代のeKスペースには標準タイプとカスタムが用意されていたが、新型ではeKワゴンと同じように、カスタムに代わり、SUV風のスタイリングをまとった、eKクロススペースが新たに設定された。

標準タイプのeKスペースはボディ同色グリルを採用した一体感のあるフロントマスクが特徴。eKスペースにもターボモデルが用意されており、ターボにはクールな印象を醸し出す、ブラックのフロントグリルが装備される。

eKクロススペースはデリカD:5に似たフロントマスクを採用し、ブラックのホイールアーチを組み合わせることで、SUVを思わせる力強いデザインに仕上げている。

インテリアも質感を大幅に向上。前席の着座位置を高めに設定して、ミニバンのような優れた前方視界を確保したことで運転がしやすくなっている。

ホイールベースが65㎜延長されたため、後席の足元が広くなり、スライドドアも拡大され、ライバルよりも約5㎝も広い65㎝の開口部を実現した。

エンジンにはスターターと発電機を兼ねたモーターを組み合わせた、マイルドハイブリッドを採用して燃費を向上させた。軽スーパーハイトワゴン初の電動パーキングブレーキを採用した、渋滞追従機能付きのアダプティブクルーズコントロールなどを搭載した、マイパイロットをオプションで選ぶこともできるのも魅力だ。

eK X space G

eK Space T

「迫力のデリカD:5顔に、車内も負けじと広々なスーパーハイト「eKクロススペース」が登場!【新型車レポート】」の1枚めの画像水平基調にスッキリと仕上げたインパネまわり。上質かつ直感的に分かりやすい、タッチパネル式のエアコンを採用。収納も随所に設けられている。


シートでの注目は後席。クラス最長となる320㎜のロングスライドが可能で、後席に座る子供のケアも楽に行える。先代に比べ足元は拡大している。


後方視界が遮られる場合にカメラ映像に切り替えるデジタルミラーはオプション。足先を差し込むだけでスライドドアが開くハンズフリー機能は一部標準。

スタイルワゴン2020年4月号より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「迫力のデリカD:5顔に、車内も負けじと広々なスーパーハイト「eKクロススペース」が登場!【新型車レポート】