基準を決めたらフルオート制御!
画期的な減衰力調整車高調キット


BLITZ
ブリッツ/ダンパーZZ-R スペックDSCプラス


ブリッツ BLITZ 車高調 減衰力調整
車内にいながらにして、減衰力を調整できる車高調として好評のダンパーZZ-RスペックDSCが進化。業界初の機能を備えて、登場した。

それが【ダンパーZZ-RスペックDSCプラス】だ。

基本は、車高調に電子制御の減衰力調整機構を組み合わせたキット。車内にいながらにして減衰力を操れるのは変わらない。

プラスたる所以が、業界初となる〝フルオートモード〟の搭載だ。

簡単に説明すると、基準とする減衰力を決めておけば、あとは状況に応じて自動的に減衰力を調整してくれるというもの。

路面状況や乗車人数など物理的な変化に対応しているのはもちろん、メリハリのある運転をする人、スムーズな運転をする人など、ドライバーのクセにも対応しているのがすごいところ。

常に安定した姿勢を維持するので、運転中も安心感があり、疲れにくさにもつながる機能だ。

自分から積極的に減衰力を調整したい人に向けたアドバンスドモードや、普通に減衰力を調整するスタンダードモードなど、多彩なモードがあるのもプラスの特徴のひとつだ。

また、スペックDSCプラスでは、コントローラー&モーターのみの購入も可能。ダンパーZZ-Rを装着しているクルマ向けにキットを用意しているのもうれしいトピックなのだ。

全長&減衰力最大96段階という調整機能を備えるダンパーZZ-Rとステッピングモーターやコントローラーなど必要なものが同梱。最先端の車高調がフルパッケージ化。

「【車高調の電子制御がすごいとこまできた!】路面状況や乗車人数、ドライバーのクセも!? 走りに応じてリアルタイムで減衰力を自動調整」の1枚めの画像ステッピングモーター_新たなバイポーラモーターを採用し、従来モデル比17%の小型化を実現。制御速度も5%向上した。

減衰力の設定
最もベーシックな減衰力設定モード。前後はもちろん、4輪別々に設定することもできるぞ。
減衰力調整幅の設定
減衰力調整は通常32段階だが、ステッピングモーターにより最大96段階に変更可能だ。
ブザー音の設定
各操作の確認に役立つブザー音。初期設定ではON。気になるなら、OFFにすることも可。
Gのリアルタイム表示
コントラスト比の高い2.5インチモニターのおかげで、情報もしっかりチェック。写真の4輪G表示のほか、4輪減衰力表示などを選択できる。

フルオートモード

完全機械任せで減衰力コントロール!!
最大の目玉である「フルオートモード」は、基準となる減衰力を設定するだけでOK。あとはドライブユニットがGセンサーの信号を受け、最適な減衰力に自動的にコントロールしてくれる。基本的には姿勢を安定させるようコントロールされる。
例えばこんなシーンに自動で調整してくれる
車体が前傾する減速時、あるいは後傾する加速時、さらには左右のロール時に最適な減衰力に切り替わる。しかも、運転者のクセにも合わせてくれるのがスゴイところ。乗り手を選ばず、減衰力のありがたみを味わえるというわけだ。
移動中、途中で乗車人数が増えると、その分、リアなど荷重がかかる。その変化を検知して、スタート時の姿勢を維持するように減衰力を制御。ただし、これはエンジンを切らずに、乗車人数が変わったときに有効なコントロールだ。

スタンダードモード

前後左右輪の減衰力を室内からコントロールするスタンダードモード。ユーザーが変更しなければ、設定した数値のまま変わらない。従来のスペックDSCにあった機能でもある。

アドバンスドモード

設定速度や設定旋回G、設定加減速Gになると、自動であらかじめ決めた減衰力に切り替えるマップ制御モードを搭載。自分なりにセッティングを楽しみたいこだわり派にオススメだ。
キメ細かく設定することもできる!
スピードの設定例えば、一般道はソフトに、高速道路で足をかためたいというときに有効なスピードによる制御も細かく設定できる。
加減速(G)の設定
こちらの画面はフロントのGセンサーの数値をトリガーにし 力表示などを選択できる。たいときに設定。4輪細かく設定して減衰力の支配も可能!

【PARTS SPECIFICATION】
価格:20万7000円〜
適合:ミニバン&SUV多数

問:ブリッツサポートセンター 0422-60-2277
https://www.blitz.co.jp

スタイルワゴン2020年3月号より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「【車高調の電子制御がすごいとこまできた!】路面状況や乗車人数、ドライバーのクセも!? 走りに応じてリアルタイムで減衰力を自動調整