7席シート/4席シートの2モデル。車両価格は日本円で約1865万円〜。
レクサスLM300h 中国にて発売開始


LEXUS/LM300h
レクサス/LM300h


レクサス LEXUS LM 300H ミニバン
レクサスLMの販売は、中国からスタートし、アジアの一部地域のみを予定されている。そのため日本国内のレクサス公式サイトには一切情報がない。

正式な発表はレクサス中国の公式サイトで行われた。発売日は2020年2月24日。

中国での販売価格は4人乗りが日本円で約2345万円、7人乗りが約1865万円。日本からすると目が飛び出るような価格だが、中国で高い人気を持っているアルファード&ヴェルファイアの車両価値も驚くほど高く、アルファードの新車価格が約1235万円〜1369万円。日本での販売価格の約2倍なのだ。

そんな実情を考えると、レクサスLMの金額も妥当なところ!? なのだろうか。

そもそもLMのターゲットユーザーとしてレクサスが考えているのはエグゼクティブユーザー。

「活動的で妥協を許さない現代のエグゼクティブの方々をターゲットとして、中国やその他のアジア地域におけるお客様のニーズにお応えすることを目指しています。ビジネスシーンはもちろん、プライベートでもお使いいただく際にも快適で、かつ洗練された移動空間を提供します」とレクサス中国の担当者。

正直なところ、非現実的で高嶺の花のような存在。しかしだからこそ憧れるし、いつかは乗ってみたいという気持ちになる。

当然ローダウンしてホイールは鍛造のハイエンドモデルを、なんて妄想も膨らむ。日本での販売は未だないという予定だが、まずは現地でカスタム、どなたか一緒にいかがでしょうか?

ボディサイズは5040×1850×1945(全長×全幅×全高)mmで、ホイールベースは3000mm。ベースはアルファード&ヴェルファイアと予想されるが、サイズ的にはひとまわり大きい感じ。エンジンは2.5Lのハイブリッドのみ。

リフトアップモニター搭載_26インチディスプレイが標準装備される4人乗り仕様。前席とパーテーションで仕切られており冷蔵庫なども完備。

ファーストクラス級の贅沢さ_4シーターモデルの後席は、低反発ウレタン素材の大型ハイバックシートを採用。リラクゼーション機能も搭載される。

4人乗りと7人乗りの2モデルがラインアップされるが、注目は4人乗りモデル。日本円で約2345万円となるが、その価値に見合った豪華装備を備える。

情報提供元:ドレナビ
記事名:「今日はレクサスLMの発売日!! 日本じゃないけどね……日本円で1865万円からですってさ!