筆者は、輸入車を専門に取り扱うYoutubeチャンネル「外車王TV」の試乗インプレッション動画に出演している。幸運なことに、この動画の撮影のために1980年代〜2000年年代のクルマを中心に、およそ20台の輸入車のステアリングを握ることができた。 これまでの試乗を振り返ってみて、強く感じることがある。 それは、「21世紀へと突入したことを境に、クルマの性能が段違いに向上している」ということだ。 なぜ、この時期にクルマの性能は大幅に向上したのか?今回はその真相について考察してみたいと思う。 フェラーリ360モデナ BMW M3 ポルシェ911GT3 外車王

ボディ剛性と足回りの大幅な進歩についての考察

ひとつの大きなトピックとして「ボディ剛性が大幅に向上したこと」が挙げられる。   フェラーリF355ベルリネッタ(1994年)および後継モデルにあたる360...【全文を読む】

あわせて読みたいオススメ記事