シボレー・コルベット、カマロ、フォード・マスタング・・・アメリカの景気が良くなってきたのと歩調を合わせるかのように、アメ車がなんだか魅力的でカッコよく見えてきたような気がします。いよいよアメ車の復権なのでしょうか。いま、アメ車のどこが良くなったのか、どんなところがクールなのか。ちょっと考察してみました。


以前は日本でも人気だった「アメ車」

バブルの時代は、BMWやメルセデスベンツが幅を利かせ始めていましたが、アメ車好きも多くいました。日本の外車マーケットはそれまで、外車と言えばアメ車、という時代もけっこう長く続いていたのです。ヨーロッパの香り漂うマスタングにするか、比較的手頃なカマロか、いやいややっぱりそこはコルベットでしょ、などと、クルマ好きの会話でよく話題になりました。その魅力に取りつかれて、思い切って手に入れてしまった、という人もいるのではないでしょうか。

しかしバブル以降、世界的な不景気や環境...【全文を読む】

あわせて読みたいオススメ記事