みなさんは、自分のクルマをカスタマイズしていますか?マフラーやホイールの交換、サスペンションやブレーキのグレードアップ、エアロパーツの取り付けやエンジン・トランスミッションの載せ替えまで…。日本では個人の好みに応じてチューニングやカスタマイズができる環境が整っています。フルチューンだけでなく、あえてライトなチューニングにとどめたり、ドレスアップ重視など、様々な志向が受け入れられているのも特徴といえるでしょう。 ところがドイツの公道を走っていると、フルチューンのクルマはもちろん、ライトチューンやドレスアップを施したクルマすらほとんど見かけません。もちろんまったく存在しないわけではないのですが、日本と比べるとその割合は非常に少ないです。 ドイツにはチューニングやコンプリートカーを手がけるメーカーは数多く存在します。なかにはルーフやアルピナといった自動車メーカーとしての認可を受けている会社すらありますが、市民レベルでのカスタマイズは「まったく一般的ではない」といってよい状況です。 これにはどういった理由があるのでしょうか?今回のドイツ現地レポは、「ドイツでのクルマのカスタマイズがなぜ一...【全文を読む】

あわせて読みたいオススメ記事