世の中には常識を遥かに超えた緻密なイラストを描く人が存在する。

ユダ会長 HCC95

筆やエアブラシなどで描かれたアートは超ど級の出来栄えで、見る人の度肝を抜く。

今回はそんな人たちのなかから、日本のみならずカリフォルニアで開催されるペブルビーチ「Automotive Fine Arts Society」等、世界でも活躍するプラモデルの箱絵や雑誌の表紙、挿絵や切り絵などを描くアーチスト達が開催した「Auto Mobile Art展」を中心に実際にアトリエなどに遊びに伺った際に体験したディープな世界を紹介したいと思う。

松坂屋上野店にて開催されたAuto Mobile Art 2020展

去る2020年8月12日〜18日まで、松坂屋上野店にて「Auto Mobile Art 2020展」が開催された。

展示されている作品は
・「Car & Driver」(日本版)表紙担当の岡本三紀夫氏と渡邊アキラ氏
・透視図の第一人者である巨匠、大内誠氏
・切り絵の世界では圧倒的な存在を放つ稲垣利治氏

…他、自動車業界を代表するアーティストの圧巻されるクオリティーの作品を展示したイベントだ。

来場者の目を楽しませるだけでなく驚愕させていたのが印象的だった。

ユダ会長 HCC95
画廊には友人でもある渡邊アキラ氏がご在廊されていた。

ユダ会長 HCC95

展示してある原画は写真と見紛うレベル

今回展示されていたイラストの一部を紹介しよう。

■岡本三紀夫氏 1951年生まれ
「Car & Driver」表紙、プラモデル・パッケージのイラストや、トヨタ博物館で「クルマとアート 岡本三紀夫の世界」を開催するなど、日本の自動車アート業界を牽引する存在である。

ユダ会長 HCC95

※なお掲載している写真は、作品がコピーされることを配慮して、基本的に撮影は禁止。今回は特別に許可を得て撮影させていただいた

ユダ会長 HCC95

■渡邊アキラ氏 1957年生まれ
CAR and DRIVERの表紙、プラモデル・パッケージのイラスト、SEGAのソニック・ザ・ヘッジホッグや、スクエアのバハムート・ラグーンなどのキャラクターなども手掛けている。還暦を超えたと思わせない若々しさを保つイケメンで、音楽の趣味でも著者とは意気投合する友人でもある。

ユダ会長 HCC95

基本的にはアクリル塗料で筆を使って描いているとのこと。もちろんエアブラシも使っているが、筆で描かれた絵とは思えない写真のようなクオリティには圧倒される。

ユダ会長 HCC95

【全文を読む】

あわせて読みたいオススメ記事