今回、「K.A.モータースポーツプロジェクト」の代表を務める相澤康介氏(24歳)を取材させていただいた。

会社員でありながら、「K.A.モータースポーツプロジェクト」の代表としてモータースポーツイベントの運営とレースへの参戦を行い、同時にレーシングドライバーを本気で目指す、熱量あふれる若者だ。さらには、音楽も好きでDJとラッパーもやっているという。体がいくつあっても足りないほどの行動力とバイタリティ、モチベーションの源泉とは?そして、彼が目指しているものは何なのか、取材した。

「K.A.モータースポーツプロジェクト」の代表を努める相澤康介

▲相澤康介氏と愛車のマツダ ロードスター(NC型)。相澤氏は、2019年度マツダファン・エンデュランスのクラスチャンピオンマシンでもある

クルマを好きになったのはいつからか?また、それはなぜか?

相澤氏がなぜクルマを好きになったのか?幼少期から好きになっていたので、はっきりとは覚えていないという。相澤氏の親戚曰く、「パパ」「ママ」という言葉を覚えはじめた時点ですでに自動車メーカーの名前を理解していたそうだ。さらに、幼稚園の頃からすでにレーサーになりたいと思っていて、小学生のときにはSuperGTを、中学生になるとF1を観ていたという。小林可夢偉が活躍していた頃のことだ。

レーサーを目指している相澤氏だが、子供の頃からレーシングカートで経験を積める環境ではなかったという。

「環境のせいにするのは言い訳でしかないので、まったく気にしていませんけどね」

と爽やかに相澤氏は語る。

「K.A.モータースポーツプロジェクト」の代表を努める相澤康介

▲レースへの想いを熱く語る相澤氏

少年がプロのスポーツ選手に憧れるのはよくあることだが、大人になってもレーサーへの情熱をたぎらせ続ける熱量は半端ではない。

「レーサーには華やかなイメージがあって、憧れていましたね。それをこじらせてしまって今も続いている感じです(笑)」

とのことだ。

相澤氏が「もう2度と戻りたくない」と語る地獄の学生時代

相澤氏は高校受験を経て進学校の特進コースに入学し、高校卒業後は自動車整備士の学校に進学したが、ここで教育熱心な父親との激しい対立があったという。

「父親は私をエリートコースに入れようとしていたんですよね。でも私はクルマがやりたくて」

【全文を読む】

あわせて読みたいオススメ記事