国産のクルマを評価する際に、「欧州車を超えた」「〇〇なら欧州車に負けていない」などといった表現をすることがあります。

今回ご紹介するクルマも、発表当時そうした表現で高い評価を受けた1台。時々ドイツの公道を走っているのを目撃していて、常々写真に収めたいと思っていたのですが、ついに撮影することができました。日産・初代「プリメーラ」です。

日本未導入の1.6リッターモデル

今回撮影した個体は、P10型系と呼ばれるプリメーラの初代モデル。日本国内向けの初代プリメーラには、1.8リッターと2リッターの直列4気筒DOHCエンジンが用意されていましたが、ヨーロッパ仕様では1.6リッターと2リッターのガソリンエンジン、2リッターのディーゼルエンジンの3種類がラインナップされていました。リアに貼られたエンブレムによると、この個体は日本未導入の1.6リッターモデル、ということになります。

初代プリメーラの生産は1990年から始まり、ドイツでも1990年秋から販売されました。途中1995年1月にフェイスリフトが行われていて、今回撮影した個体はそのフェイスリフト後のモデルです。ヨーロッパでは、マニュアルウインドウで手動ミラーというシンプルの極みのようなベーシックグレード「LX」が存在していましたが、写真の「SLX」は「LX」に電動ミラー、パワーウインドウ、セントラルロックなどを追加したミドルグレードモデル。毎日の足として使われている様子もありつつ、全体的にはきれいな状態を保っていますね。

実用性と運動性を高次元で両立

1.6リッターエンジンは、1.8リッターや2.0リッターと同じく自然吸気DOHC16バルブで、最高出力は90hp/6000rpm、最大トルクは136Nm/4000rpmを発生。セダン以外にも、5ドアハッチバックやステーションワゴンタイプに搭載されました。ヨーロッパでは、1.6リッターと2リッターそれぞれのエンジンの評価は非常に高く、「30万キロ以上走行している個体も少なくなく、耐久性に優れた優秀なエンジン」と評されています。1.6リッターエンジンは日本仕様のエンジンと比べるとかなり非力ですが、5速マニュアルを駆使して走るのも楽しいかもしれません。

【全文を読む】

あわせて読みたいオススメ記事

情報提供元:CL
記事名:「かつて「欧州車を超えた」と評された90年代の傑作セダン、日産・初代「プリメーラ」をドイツにて発見!