ピンクで可愛い女性に人気の「WILLER EXPRESS(ウィラーエクスプレス)」で、トイレなし、4列シートの10時間越えはホントに大丈夫か、体験してきました。

また、カノピー付きで人気の「リラックス」シート全4種類の違いを比較検証。タイプ別のおすすめシートの紹介もします。

ざっくり、こんな乗車記

  • 「リラックス」シート全4種を徹底比較!
  • ウィラーならではの便利な点・注意点
  • 4列シート・トイレなしの夜行バスの乗り心地をレポート


ピンクのウィラーエクスプレスに乗車!

今回乗車したのは、シートの種類の豊富さと、ピンクの車体の可愛さで一際目を引くウィラーエクスプレス! レストランバスやレジャー施設への直行バスなど、面白いバスもたくさんあるウィラーの中でも、特に王道の「大阪・京都~東京・千葉」便に「リラックス(のびのび9列)」シートで乗車しました!

ピンクのバスと言えばウィラーエクスプレス。夜にも目立つこの可愛さ!
ピンクのバスと言えばウィラーエクスプレス。夜にも目立つこの可愛さ!


大阪・天王寺のバス停はどこ?

バスが来るかドキドキ「天王寺公園東バス駐車場(近鉄フレンドリーホステル前)」

 
天王寺公園周辺は、高速バスのバス停がたくさん。でも今回利用するのは「天王寺公園東バス駐車場(近鉄フレンドリーホステル前)」。近鉄フレンドリーホステルが目印なんだからわかりやすいはず。きっと行けばすぐわかるはず…。

と思って到着した「近鉄フレンドリーホステル」。

近鉄フレンドリーホステル。1Fは自由に使えるバス待合室
近鉄フレンドリーホステル。1Fは自由に使えるバス待合室

しかし…、バス停、どこ? 

近鉄フレンドリーホステル1Fには「インフォメーション・バス」とあり、中は無人のバス待合室。ウィラーの案内表示もちゃんとあります。しかし、外にはいわゆるバス停の目印的なものはなし。

待っていればいいのか? ここで待っていればいいんだな?

バス停と待合室が離れた場所にあるパターンは、時々ありますが、今回はバス停の名前が「天王寺公園東バス駐車場(近鉄フレンドリーホステル前)」なんだから、近鉄フレンドリーホステル前に来るはずだと心中ドキドキしながら近くのタリーズでコーヒーをいただいておりましたら…。(タリーズがすぐ近くなので、美味しいコーヒーを車内持ち込みしたい時はおすすめですよ。タリーズ向かいにコンビニもあり)

バス、ここにきたー!

「天王寺公園東バス駐車場(近鉄フレンドリーホステル前)」、こちらでした
「天王寺公園東バス駐車場(近鉄フレンドリーホステル前)」、こちらでした

なお、天王寺駅から駐車場への行き方はこちら。地上からも行けますが、地下ルートの方がわかりやすいし信号もないのでおすすめです。

JR天王寺駅を出るのは中央出口から
1)JR天王寺駅を出るのは中央出口から
北口・公園口側に向かいつつ、どこかで地下に降りる
2)北口・公園口側に向かいつつ、どこかで地下に降りる
標識を辿って4番(エスカレーター)出口へ。階段派なら21番
3)標識を辿って4番(エスカレーター)出口へ。階段派なら21番
4番出口を出て左方向へ。21番出口の場合は直進した先の右側
4)4番出口を出て左方向へ。21番出口の場合は直進した先の右側


バス車内の設備を紹介

ウィラーピンクのマットで気分があがる!

 
さあ、いよいよバスに乗車です。ピンクの車体の可愛いバス、さっと扉が開くとそこには…ピンクのネーム入りバスマットが登場。

さすがウィラー、「ここから先にはウィラーならではのおもてなしが待っていますよ」という感じがします!

ピンクのネーム入りマットがお出迎え
ピンクのネーム入りマットがお出迎え

バスのお腹に荷物を入れる場合は、乗車前に預けましょう。

「リラックス」の車内設備は?

 
今回私が乗車するのは「リラックス(のびのび9列)」。4列シートでカノピー(座席上部についている、寝顔を隠すためのフード)付き、女性に人気の車両です。

「リラックス(のびのび9列)」は4列シートでカノピーつき
「リラックス(のびのび9列)」は4列シートでカノピーつき

ちょっと近未来的な感じのする、でもピンク色でなんだか愛らしい、ウィラーのリラックスシート。車内設備はこんな風になっていますよ。

カノピーは閉めるとこんな風! 寝顔隠しに、眩しさ防止に
カノピーは閉めるとこんな風! 寝顔隠しに、眩しさ防止に
リクライニングは手元のボタンで。コンセントもこちら
リクライニングは手元のボタンで。コンセントもこちら
前席後ろに荷物かけフックと網ポケット。車内注意もこちら
前席後ろに荷物かけフックと網ポケット。車内注意もこちら
枕(首当て)は可動式。ブランケットも
枕(首当て)は可動式。ブランケットも

座席のリクライニング角度は? 通路の幅は? それはリラックスシートの種類によりけり。せっかくですから、シート別に比較してみますよ。

全リラックスシートを徹底比較!

座席の種類がたくさんあるウィラー、「リラックス」シートだけでも全部で4種類あります。それぞれ何が違うかというと…

リラックス(のびのび9列)

リラックス(のびのび9列)は足元ゆったり! 他のリラックスのシートより前後が10cm以上も広く取られています。また、座席の横幅もゆったりめで、リクライニングも悠々140度。

背の高い人や足元に荷物を置きたい人、足元が窮屈だと眠れない人には一番嬉しいシートです。

足元ひろびろ103cm(前方のシート後部から自シートの背もたれまで)
足元ひろびろ103cm(前方のシート後部から自シートの背もたれまで)
座面ゆったり46cm、肘ありだと52cm(通路側は49cm)
座面ゆったり46cm、肘ありだと52cm(通路側は49cm)
リクライニング最高140度
リクライニング最高140度
レッグレスト、フットレスト有
レッグレスト、フットレスト有


リラックス(プライベートモニター付)

こちらはシートごとのプライベートモニター付き。映画やTV、オーディオブックが無料で楽しめます。映画のラインナップは3カ月毎に追加更新されるので、いつも新しいタイトルが用意されていますよ。

プライベートモニター付き
プライベートモニター付き

また座面の横幅はゆったりめ、リクライニングも140度なので、車内でゆったりくつろぎつつ移動時間も楽しみたい人へおすすめです。

車内の様子
車内の様子
座面ゆったり46cm、肘ありだと52cm(通路側は49cm)
座面ゆったり46cm、肘ありだと52cm(通路側は49cm)
リクライニング最高140度
リクライニング最高140度
レッグレスト、フットレスト有
レッグレスト、フットレスト有


リラックス≪NEW≫

リラックス≪NEW≫は、車内では寝るだけでいいというシンプル派へおすすめ。リクライニング最高140度の座席で、身体を伸ばしてくつろげます。

リクライニング最高140度
リクライニング最高140度
レッグレスト、フットレスト有
レッグレスト、フットレスト有


トイレ付リラックス≪NEW≫

トイレ付リラックスのリクライニングは130度、他のリラックスシートよりちょっとだけ起き上がります。フットレストもなし。しかし、トイレ付の安心感は大きい! こちらのシートでの運行があるのは「東京~広島」間と「東京・千葉~岡山」間。長距離も安心して乗車できます。

レッグレスト有、フットレストなし
レッグレスト有、フットレストなし
トイレは重要! (画像はイメージです)
トイレは重要! (画像はイメージです)


今回乗車したバス便の休憩箇所についてチェック

梅田停留所はウィラーのバスターミナルあり

 
今回の乗車した便の停車スケジュールは、20:10 天王寺発、21:00 WILLERバスターミナル大阪梅田発、22:20 祇園四条駅発~(車中泊)~6:20 池袋サンシャインシティ文化会館着、6:55 バスタ新宿着、7:40 東京ディズニーランド(R)着。

WILLERバスターミナル大阪梅田は、梅田スカイビルタワーイースト1F。天王寺を出発してからまだ1時間弱ではありますが、ここで約15分の停車となります。

駐車場後ろにはウィラーエクスプレスカフェも! 立ち寄る時間がなくて残念
駐車場後ろにはウィラーエクスプレスカフェも! 立ち寄る時間がなくて残念

また、ビル内にはウィラーバスターミナルのラウンジがあります。キレイな待合室があり、パウダールームや美容家電の貸し出しがあり、コンセントやネットも無料。有料コインロッカーもあり、お土産を購入することもできます。

ただ、利用するにはここから乗車か降車をしなければ時間的に苦しいのが残念。15分の休憩ではトイレに行くくらいしかできませんからね。(ちなみにトイレは待合室内ではなく、エレベーターホールの奥にあるので注意)

WILLERバスターミナル大阪梅田。スタイリッシュでキレイ!
WILLERバスターミナル大阪梅田。スタイリッシュでキレイ!


SAではウィラーならではの注意点が!

 
22:20の京都・祇園四条駅ではバスは乗客を乗せるのみ。次のトイレ休憩は22:50頃、草津のSAになります。

SAでの夜間のトイレ休憩は全部で4回。そのうち最初の22:50 草津SAでは車内点灯・アナウンスがされますが、2回目以降の1:00 岡崎SA、3:30 清水SA、5:05 海老名SAでは車内は消灯したまま、アナウンスもされません。これは眠っている乗客を起こさないため。車両が停車し、前方カーテンが開くのが合図となります。

草津SA。コンビニの他、お土産売場も利用可能
草津SA。コンビニの他、お土産売場も利用可能
バスの前方に発車時刻が表示されます
バスの前方に発車時刻が表示されます

なおSA・PA休憩では、ウィラーならではの注意点が。それは「他のウィラーのバスと間違えやすい」こと!

ピンクの車体が可愛らしくて目立つので、ついつい1台見つければそれが自分の乗ってきたバスだと思ってしまいがち。ですが似たルートを走るウィラーのバスは多くあるので、同じSAに同じ時間に停まっていて同じ目的地であっても、違う便だったということがあるのです。特に寝ぼけている深夜は危険! 車両ナンバーや停車位置をしっかり確認しましょう。

なお、私は案の定間違えました。同じ番号の座席に自分の荷物がなかったため引き返して自分のバスを探しなおせましたが、恥ずかしかったです。と思ったら別のSAではこちらのバスへ乗り込んできた人が、ハッとして引き返していく場面も。ほんと気をつけましょうね。

トイレなし車両の"トイレ休憩事情"

 
なお、この後のSAでのトイレ休憩はというと、「うっすら目は覚めるんだけど、トイレ行くほどじゃないな、と判断してまた寝る」を3回繰り返しました。(うち1回は上記の「こちらのバスへ乗り込んできた人がハッとして引き返していく」プチ事件あり)

実は乗る前は「トイレなしバスは辛いんじゃないか?」と心配していたわけですが、結局のところ問題ありませんでした。トイレ休憩が1~2時間半ごとというのは、体調が悪かったりするのでなければ充分な時間。それに乗務員さんからは最初に「急なトイレや体調不良などがあれば、最寄りのSAへ停車するので遠慮なくお申し出を」のアナウンスが流れます。「遠慮なく」を強調してくれるのがまた頼もしい。

それにまあ、寝ますしね。がっつりリクライニングにレッグレストもしっかり持ちあがる、つまりはゆったり眠れるシートなら、あまりトイレの心配をしなくて良いわけですね。…と頭の片隅で考えつつ、意識はそのままフェイドアウト…。

バスタ新宿に到着!

「あと10分ほどで池袋サンシャインシティに到着します…」バス車内の点灯はそんなアナウンスと共に始まりました。10分前起床? とびっくりしましたが、よく考えれば起こされた時刻は6:00過ぎ頃。これより早めに起きて身支度したいならこの前の5:05のSA休憩で自主的に起きればいいし、トイレ事情もあるんだから、ぎりぎりまで寝ていたい派に合わせているわけですね。(ちなみに池袋サンシャインシティ文化会館出発は6:20)

私の降車は次のバスタ新宿、6:55。到着アナウンスはこちらも10分前でした。

バスタ新宿に到着! 乗務員さんがお見送りしてくれます
バスタ新宿に到着! 乗務員さんがお見送りしてくれます

なお最低限の身支度だけを整えた寝起き顔で下車しましたので、バスタ新宿のすぐ隣、7:00からオープンのスタバ 新宿サザンテラス店をしっかり活用しましたよ。

また乗りたくなるウィラー旅でした。次はどのシートにしようか…とりあえずバスターミナルのラウンジ利用は必須です!

(陽月よつか)

情報提供元:バスとりっぷ
記事名:「 ウィラーバス「リラックス」シート全4種は何が違う? 大阪~東京へ夜行バス10時間45分の旅!