遂にバレンタイン当日を迎えましたね!バレンタインといえばチョコレートですが、大切な人に感謝の気持ちを伝えるならばやはり晩御飯にもしっかり力を入れたいところ。
今年のバレンタインは日曜日という事と、コロナの影響で不要不急の外出自粛が求められていることもあり、自宅で過ごす方が特に多いのではないでしょうか?
今回はお家でレストラン気分を楽しめる、フルコース料理をイメージした4つのレシピ(前菜・スープ・メイン・デザート)をご紹介します。

愛情たっぷりの料理で素敵なバレンタインを過ごそう。

愛情たっぷりの料理で素敵なバレンタインを過ごそう。


【前菜】まるで宝石のよう!『魚介とコンソメジュレのカクテルサラダ』

最初にご紹介するのは白ワインにぴったりの一品、『魚介とコンソメジュレのカクテルサラダ』のレシピです。器はシャンパングラスに盛り付けるとおしゃれ度が更にUPしますよ。
〜魚介とコンソメジュレのカクテルサラダの作り方(2人前)〜
<材料>
・海老 4尾
・ホタテ、サーモン(刺身用)各50g程度
・ミニトマト 2個
・パセリ 適量
・オリーブオイル 大さじ1
・酢 小さじ2
・塩胡椒 少々
<ジュレ用の材料>
・水 200ml
・塩胡椒 少々
・コンソメの素(固形)1/2個
・ゼラチンパウダー 5g
<作り方>
1. 海老は殻ごと熱湯で2〜3分程茹で、ザルにあげて水気を切ります。粗熱がとれたら尾がついている最後の節だけを残して殻をむきましょう。
2. ホタテ、サーモンは食べやすい大きさに切り、ミニトマトは4等分に切ります。
3. ボウルに2を加え、オリーブオイル・酢・塩胡椒を入れて混ぜ合わせます。
4. 鍋に水を入れ、沸騰したらコンソメの素と塩胡椒を加えます。コンソメの素が溶けたらゼラチンパウダーを煮溶かしましょう。
5. 4を平たいお皿に移し、粗熱がとれたら冷蔵庫に入れて冷やし固めます。
6. 透明の器に3の具材を入れ、フォークで崩した5のジュレをかけます。
7. 適当な大きさにちぎったパセリを中央にトッピングし、器のふちに海老を飾り付けたら完成です。

コンソメジュレが良いアクセント♪喉越し爽やかなサラダ。

コンソメジュレが良いアクセント♪喉越し爽やかなサラダ。


【スープ】目で見てかわいい『ハートのミネストローネ』

トマトの旨味たっぷりのミネストローネにハートのお野菜を加え、さりげなくバレンタイン感を演出してみました。具材として使用している人参、じゃがいもなどの根菜類は体を温めて免疫力を向上する働きがあると言われています。
〜ハートのミネストローネの作り方(4人前)〜
<材料>
・じゃがいも 1個
・人参 1/2本
・キャベツ 2枚
・ベーコン 2〜3枚
・玉ねぎ 1/2個
・カットトマト缶 1/2缶
・マカロニ 30g
・オリーブオイル、塩こしょう 各適量
・コンソメの素(固形)2個
・塩胡椒 適量
・粉チーズ お好みの量
<作り方>
1. じゃがいも・人参は輪切りにし、下茹でしたらハート形に型抜きします。
2. マカロニはパッケージの表記通りに茹で、ザルに上げたらオリーブオイルを絡めておきます。
3. キャベツ・玉ねぎ・ベーコンは1センチ角に切ります。
4. 鍋にオリーブオイルを熱し、玉ねぎ→キャベツ→ベーコンの順番で炒めていきます。
5. 4の鍋に800ml分の水・カットトマト缶・コンソメの素を加えます。
6. 沸騰してきたら弱火にし、蓋をして10分ほど煮込んでいきます。
7. 6にマカロニと1のじゃがいも・人参を加え、塩胡椒で調味します。
8. 器にミネストローネを盛り付け、粉チーズを振りかけて完成です。

【参照】農業協同組合新聞
【参照】厚生労働省

料理は愛情。大切な人を想いながら作るとより一層美味しくなりますよ!

料理は愛情。大切な人を想いながら作るとより一層美味しくなりますよ!


【メイン】甘酸っぱい恋の味!『ポークソテー ラズベリーソース添え』

色鮮やかなラズベリーソースを添えた肉料理はバレンタインに大変おすすめのメニュー。もし生のラズベリーが手に入らない場合は冷凍のものを代用してもOKです!
〜ポークソテー ラズベリーソース添えの作り方(2人前)〜
<材料>
・豚ロース肉(とんかつ用) 2枚
・にんにく 2片
・塩胡椒、小麦粉 各適量
・オリーブオイル 大さじ1
<ラズベリーソースの材料>
・冷凍ラズベリー 60g
・バルサミコ酢、醤油、はちみつ 各小さじ2
・バター 10g
<作り方>
1. 豚肉は包丁の背で伸ばし、赤身と脂身の間に4〜5箇所程度切り込みを入れて筋を切ります。
2. 1の豚肉の両面に塩胡椒と小麦粉をまぶします。
3. フライパンにオリーブオイルを熱し、薄切りのにんにくを炒めていきます。
4. にんにくの香りが立ってきたら豚肉を投入し、中に火が通るまで両面こんがりと焼いていきましょう。
5. 4とは別のフライパンにラズベリーソースの材料を全て加え、ラズベリーを潰しながら弱火で2分程度煮込みます。
6. お皿に4のポークソテーを盛り付け、5のラズベリーソースをかけたら完成です。

ラズベリーの程良い酸味と甘みが食欲をそそります。

ラズベリーの程良い酸味と甘みが食欲をそそります。


【デザート】とろ冷食感がたまらない『フローズンスモア』

フローズンスモアとはチョコレートと冷たいバニラアイスをマシュマロで包み込み、その周りに焼き目をつけたNY発の新感覚スイーツのこと。日本でもSNSを中心に拡散され、スイーツ好きの間で話題になっています。
お菓子作りは大変なイメージがあるかもしれませんが、フローズンスモアであれば材料をお皿にのせて焼くだけなので初めて作る方も気軽に挑戦しやすいです。
〜フローズンスモアの作り方(2人前)〜
<材料>
・マシュマロ 10個
・板チョコレート 1/2枚
・アイスクリーム(バニラ) 200g程度
<作り方>
1. ココット容器にアイスをのせ、スプーンで平らにします。
2. アイスクリームの表面に細かく刻んだチョコレート→マシュマロの順番でのせていきます。
3. マシュマロに焼き色がつくまでトースターで約1〜2分ほど加熱したら完成です。

【参照】日刊工業新聞

バレンタインディナーの締めはSNS映えスイーツで決まり!

バレンタインディナーの締めはSNS映えスイーツで決まり!

人目を気にせず、リラックスした雰囲気でワイワイ語り合えるところもお家ご飯の醍醐味の一つ♪是非当レシピを参考に素敵な夜をお過ごし下さい。

華やかな料理と美味しいお酒で夢心地。

華やかな料理と美味しいお酒で夢心地。