17日は北海道と東北の日本海側や北陸を中心に猛吹雪や大雪に警戒が必要です。西日本の平野部でも積雪となる所があるでしょう。ほぼ全国的に真冬並みの寒さに逆戻りしそうです。

●日本海側では猛吹雪や大雪に警戒 被災地も強風に注意を

北海道付近では低気圧が猛発達し、17日から18日にかけても強い冬型の気圧配置が続く見込みです。低気圧は発達のピークを過ぎても北海道付近に居座るため、荒れた天気が長引きそうです。北海道や東北、北陸を中心に17日から18日にかけて、一気に1メートル近くもの雪が降る所もありそうです。大雪になるうえ、非常に強い風が吹く所もある見込みです。周辺が真っ白になり、見通しのきかない猛吹雪となったり、交通機関に影響が出たりするおそれがあります。特に北陸から東北・北海道の日本海側など、暴風雪警報の出ている所では不要不急の外出は控えるようにしてください。また、13日に発生した地震で被害を受けた宮城県や福島県など太平洋側の地域でも、雪が降っていなくても強風に注意が必要です。地震で被害を受けた屋根などを覆っているブルーシートなど、飛ばされないようにご注意下さい。

●西日本でも降雪  平野部で積雪となる所も

北海道や東北、北陸だけでなく、九州から近畿など西日本も雪の降る所があるでしょう。上空1500メートル付近で平地で雪が降る目安となるマイナス6度以下の寒気は日本付近をすっぽり覆います。また大雪の目安となるマイナス12度以下の寒気が中国地方や九州北部付近にも流れ込む見込みです。九州から近畿、東海なども山沿いを中心に大雪となる所があるでしょう。四国などの平野部でも18日午後6時までの24時間に多い所で、10センチから20センチの降雪が予想され、積雪となる所がありそうです。積雪がたった数センチだとしても普段雪の少ない地域では交通機関に大きく影響することがありますので、車の冬装備は万全にしたうえで、車の運転は慎重になさってください。

●ほぼ全国的に真冬並みの寒さ

また、厳しい寒さにも注意が必要です。強い寒気が流れ込むため、全国的に気温がグッと下がるでしょう。北海道は日中も氷点下のままでしょう。東北や北陸だけでなく、東海から九州も最高気温は10度に届かず、真冬並みの寒さとなりそうです。西よりの風が強まり、非常に寒くなるでしょう。関東は平年より高いものの、季節風が強まり、気温よりも寒く感じられそうです。寒さ対策を万全にしてお過ごし下さい。