あす17日から18日にかけては強い寒気が流れ込み、近畿地方の北部では広く雪が降り、中部や南部も真冬の寒さになるでしょう。18日は中部や南部でも広く雪の可能性があります。17日から18日にかけては雪と厳しい寒さに注意してください。

●あす17日はさらに気温がダウン

きょう16日の近畿地方は寒気が流れ込み、北部で広く雨や雪が降っています。また、日差しがある中部や南部でも気温が上がりにくく、正午の気温は大阪でも9度台と空気が冷たくなっています。あす17日は強い寒気が流れ込むため、きょうよりさらに気温が低くなります。あす17日の最高気温は大阪、京都、神戸で5度と、昼間も真冬の厳しい寒さになる見込みです。14日は最高気温が所々で20度を超えましたが、この暖かさの後の大幅な気温の低下は、かなり身体にこたえそうです。あさって18日にかけても厳しい寒さが続きますので、防寒対策を十分にしてお出かけください。

●17日は北部を中心に雪 18日は中部や南部でも雪の可能性

あす17日に日付が変わると、近畿地方の上空に強い寒気が流れ込む見込みです。北部では平地でも雪に変わり、断続的に雪が降るでしょう。雷を伴うおそれもあります。中部や南部は晴れ間が出ますが、雪のちらつく所もある見込みです。17日は雪の降るエリアが北部中心ですが、18日になると風向きが北寄りに変わって、中部や南部にも雪雲が流れ込みやすくなります。18日は中部や南部でも広く雪が降る可能性がありますので注意してください。なお、17日から18日にかけても、西寄りの風がやや強く、日本海沿岸や太平洋沿岸はしける所がある見込みです。強風や高波にも十分ご注意ください。

●週末は気温が急上昇

19日(金)は寒気の流れ込みがおさまり、20日(土)や21日(日)になると今度は暖かい空気が流れ込みます。週末は一気に気温が上がり、春らしい暖かさになるでしょう。近畿地方では本格的にスギ花粉の飛んでいる所が多くなっています。花粉症の方は万全の対策をなさってください。