東北地方では、発達中の低気圧や強い冬型の気圧配置の影響で、17日(水)にかけて、猛ふぶきとなり、海上では大しけとなるでしょう。また、日本海側を中心に、18日(木)にかけて警報級の大雪となるおそれがあります。大雪や猛ふぶきによる交通への影響などに注意・警戒して下さい。外出の際は、最新の交通情報・気象情報を確認のうえ、不要不急の外出は控えたほうがよさそうです。

●17日(水)にかけて猛ふぶきのおそれ 厳しい寒さに

東北地方では、あさって(木)にかけて、上空5000メートル付近には大雪の目安となるマイナス36度以下の寒気が流れ込み、強い冬型の気圧配置が続くでしょう。
あす(水)にかけて、日本海側では猛吹雪の所があり、海上では大しけとなる見込みです。特に、秋田県の沿岸や山形県の庄内地方では、あす(水)明け方にかけて、暴風雪による建物への被害、猛ふぶきやふきだまりによる交通への影響に警戒が必要です。また、海上では高波による船舶や沿岸施設への被害に警戒して下さい。
<風と波の予想>
16日から17日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)
東北日本海側 海上 25メートル(35メートル)
東北日本海側 陸上 20メートル(35メートル)
東北太平洋側 海上 25メートル(35メートル)
東北太平洋側 陸上 20メートル(35メートル)
16日から17日にかけて予想される波の高さ
東北日本海側 8メートル
東北太平洋側 6メートル
大きな地震があった宮城県や福島県では、瞬間的に30メートルの暴風が吹くおそれがあり、屋根のブルーシートが飛ばされる可能性があります。また、厳しい寒さになるため、万全の寒さ対策が必要です。また、多くの人が集まる場所では、感染症対策を徹底しましょう。

●18日(木)頃まで 大雪のおそれ 雪崩や屋根からの落雪に要注意

東北地方では、18日(木)にかけて、日本海側を中心に雪が降り、ふぶいて見通しが悪くなるでしょう。太平洋側にも雪雲が流れ込み、平地でも積雪となる可能性があります。大雪による交通への影響、建物や農業施設への被害に注意・警戒して下さい。また、屋根からの落雪、電線や樹木への着雪、なだれに注意が必要です。
<雪の予想>
16日6時から17日6時までに予想される24時間降雪量は、いずれも多い所で、
東北日本海側 山沿い 60センチ
東北日本海側 平地  40センチ
東北太平洋側 山沿い 50センチ
東北太平洋側 平地  30センチ
その後、17日6時から18日6時までに予想される24時間降雪量は、いずれも多い所で、
東北日本海側 山沿い 50から70センチ
東北日本海側 平地  40から60センチ
東北太平洋側 山沿い 30から50センチ
東北太平洋側 平地  20から40センチ
18日6時から19日6時までに予想される24時間降雪量は、いずれも多い所で、
東北日本海側 山沿い 30から50センチ
東北日本海側 平地  20から40センチ
東北太平洋側 山沿い 20から40センチ
東北太平洋側 平地  20から40センチ